芸術の秋。ライプツィヒ近郊の町ハレにある、ヘンデルの生家に行ってみよう!

公開日 : 2018年10月22日
最終更新 :
gemälde.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

主に活躍したのも亡くなったのもイギリスであったためか、イギリス人はヘンデルをイギリス人であると思っているようです。しかし、生まれはドイツでしたので、ドイツではヘンデルはドイツの作曲家だと言われています。

以前、これに関して面白い場面に遭遇したことがあります。

ベルリンフィルのジルベスタ-コンサ-トで、イギリス人指揮者であるサイモン・ラトルが、ヘンデルの曲を聴衆に紹介する際に、「次の曲は、イギリスの作曲家であるヘンデルの。。」とあえて言ったのに対し、聴衆からざわめきが起きたことがありました。

英国、ドイツでそれぞれヘンデルを自国の作曲家だと思っている、象徴的な瞬間だと思った記憶があります。

そのヘンデルの生家が、ライプツィヒ近郊の町、ハレにあります。

ハレは、お隣のザクセン・アンハルト州の首都。ライプツィヒからは電車で30分ほどで行くことができます。

Marktplatz1.jpg
haus.jpg

この家は、1666年から1782年までヘンデルの家族が所有していたそうで、ヘンデルは1685年2月23日にこの家で生まれ、18歳までこの町で過ごしたそうです。

この家の最も古い絵(1859年に描かれたもの)がこちらだそうです。

altes bild.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

Innenraum.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

こちらは、メサイアのハレルヤコ-ラスの部分を、モ-ツアルトが少しアレンジして木管楽器のパートを加えた楽譜です。

Gakufu.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

その他、古楽器のコレクションを展示したフロア-も併設されていて、ヘンデルのファンでなくても十分に楽しめる博物館です。

Marktplatz2.jpg

ヘンデルハウス

Händel-Haus

Große-Nikolaistraße 5

06108 Halle (Saale)

https://www.haendelhaus.de/de/hh/startseite

開館時間: 4月~10月 10-18時

  11月~3月 10-17時

休館日: 月曜日

入場料: 大人5ユーロ、学生3.50ユ-ロ

10人以上の団体は大人4,5ユ-ロ

家族チケット(大人二人及び子供)10ユ-ロ

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。