ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<2>

公開日 : 2018年10月24日
最終更新 :

ウィーンの5つ星ホテル・ザッハーでのディナーレポートの続きです。

Sacher-Rose-Champagne-800uts.JPG

前回はインターメディエットコースのズワイガニとチェリートマトのディッシュで終わりましたが、この後ロゼ・シャンパンを追加でオーダー。

Sacher-greenbar-hirsch-800uts.JPG

メインは私も夫もともに、ラベンダー風味のシカ肉とクロケットのスイカ添えをいただきました。

重くなりがちな肉料理とじゃがいも料理ですが、すっきりとした口当たりのスイカがサイドディッシュで助かりました。

とはいえ既に満腹で、もったいないことにお肉は半分以上残してしまったのですが......。

Sacher-greenbar-sorbet-800uts.JPG

デザートは魅力的なメニューが展開されていたにもかかわらず、満腹のため「とにかく軽いものを」とケルナーに頼んだら、3種のソルベを勧められました。10種類の中から好みのものを選べるので、私はプラム、アプリコット、チェリーを選択。

ちなみにこのチェリーは前回夫を驚かせたチェリートマトではなく、本物のサクランボでした(笑)。

Sacher-greenbar-sachertorte-800uts.JPG

夫は「ザッハーといえばこれ」と言って、お約束のザッハトルテを。

ザッハトルテは持ち帰って食べるのも良いですが、やはりホテルザッハーの重厚な雰囲気の中でいただくと格別のよう。

Sacher-autograph-800uts.JPG

廊下の壁面は、世界トップクラスの著名人たちのオートグラフで埋め尽くされていました!

ざっと見ただけでも、当時のハプスブルク皇室メンバーや日本の天皇皇后両陛下、若かりし頃のエリザベス女王、ローマ法王など、錚々たる顔ぶれです。

味、サービス、雰囲気ともに抜群のホテルザッハー。

機会があればぜひ訪れてみてくださいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。