ライプツィヒで最も重要なイベント!平和革命記念日の祭典、リヒトフェスト

公開日 : 2018年10月13日
最終更新 :

ベルリンの壁が崩壊したのが1989年11月9日。今年ではや29年になります。

そのきっかけとなったのが、ライプツィヒの平和革命だったことは日本ではあまり知られてないことかもしれません。

当時ライプツィヒではニコライ教会で毎週月曜日に行われていた「平和の祈り」への集会が、民主化運動へと広がっていきました。そしてベルリンの壁が崩壊するちょうど一か月前の10月9日には、「Wir sind das Volk! 我々こそが主権たる国民だ!」というスロ-ガンの元、7万人の市民と周辺から来た人たちが終結。アウグストゥス広場を埋め尽くして大規模なデモが起こりました。そしてこれをきっかけに東ドイツ平和革命の口火がきられ、東ドイツ全土に反体制運動が広まり、1か月後のベルリンの壁崩壊につながったのです。

04_Lichtfest_Leipzig_co LTM_Punctum (Schmidt).jpg

© Copyright 2018 Leipzig Tourismus und Marketing GmbH

Licht.jpg

また、広場の特設ステ-ジでは、毎年さまざまなパ-フォ-マンスが行われます。

Stage.jpg

それにしても、当時の7万人の市民の勇気には脱帽です。警察からいつ発砲されるかわからない危険と隣り合わせの状況だったのですから。それに、同じ年に起こった中国の天安門事件では実際にデモ隊に死傷者が出たという事実を目の当たりにしていたわけですから、なおさら大きな恐怖だったことでしょう。

東西ドイツが平和的に統一される、まさにきっかけとなったライプツィヒの平和革命の日。この日の祭典は、ライプツィヒ市民にとっては誇りある最も重要な日なのです。

来年は平和革命30周年の記念の年になります。どんな祭典になるでしょうか。

Gaikan.jpg

ライプツィヒ光の祭典

Lichtfest Liepzig

開催日: 毎年10月9日20時-

場所:   アウグストゥス広場ほか

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。