12月でも暖かいマルタ島で青の洞窟めぐり

公開日 : 2018年12月18日
最終更新 :

地中海に浮かぶ小さな島、マルタ共和国。アフリカのチュニジアとシチリア島の間ぐらいにあります。ライプツィヒからは週に一回マルタ航空の直行便が飛んでいて2時間30分のフライト時間で到着です。また他の日はミュンヘンやフランクフルトなどを経由して行くことができます。

日本からお越しの場合も、ロンドンやミュンヘンなどで一回乗り換えするだけで比較的乗り入れがしやすい観光地だと思います。

先日そのマルタに初めて行ってきました。

気温は17度前後と、おそらく12月の東京よりもずっと暖かいのではないでしょうか。さすがに地中海式気候。夏はカラッとした暑さで、冬でも温暖で過し良いです。

マルタの魅力は、島中にある先史時代の遺跡に巡り合えること。

Kyoseki.jpg
Umi.jpg

イタリアのカプリ島の青の洞窟というのが有名ですが、マルタにも青の洞窟があります。場所は、マルタ島の南西の海岸。

小さな船に10人ほどで乗り合って、船頭さんがいくつかの洞窟に連れて行ってくれます。

Irie.jpg

人数がある程度そろうと、すぐに出発。

海側から入り込んだ断崖を見るのは迫力があります。

Dangai.jpg

洞窟のなかにも入っていきます。

Dokutsu.jpg

とりわけ、海底が白い箇所は、太陽があたって、とってもきれいな色にみえます。

緑色だったり、

Midori.jpg

青色だったり。

Ao.jpg

イタリアのカプリ島のように、狭い洞窟の入口を体を平らにして入っていくようなことはありませんので、どなたでも安心して参加できます。

また、冬でも温暖ですから、年中船が出ていますよ。

Gaikan.jpg

Blue Grotto, Il-Qrendi, Malta

毎日 9-17時

大人一人5ユ-ロ

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。