ライプツィヒの伝統あるクリスマス市真っ最中!

公開日 : 2018年12月21日
最終更新 :

11月は一年で最も暗く、そして寒い月でなんとなく気がめいる毎日ですが、クリスマスまでの一か月である待降節(アドヴェント)にはいると、町はネオンが灯り一転して明るくなってきます。

ライプツィヒでは、この待降節(アドヴェント)にはいる週からクリスマス市が開かれます。

iriguchi.jpg

ライプツィヒのクリスマス市は歴史が古く、1458年から続いています。これは、ドイツ国内ではドレスデン(1434年から)に次ぐ古さです。

Geschäfte.jpg

またマルクト広場からアウグストゥス広場までの町の中心を通る道も屋台が続きます。

ライプツィヒ市民も毎年楽しみにしているクリスマス市。連日にぎわっていますよ。

Christbaum.jpg

いろいろな屋台でさまざまなものが食べれますが、私のお勧めはアウグストゥス広場にあるフィンランド村のスモ-クサ-モン!

geräuchen.jpg
Gericht.jpg

そして、忘れてはならないのが、ホットワインのグリュ-ワイン!

寒い日に暖かいグリュ-ワインを飲むのが、何といってもクリスマス市での楽しみの一つです。

また、グリュ-ワインのカップは毎年違うデザインで、今年はこちら。

Tasse.jpg

飲み終えた後、返却すれば2.50ユーロ戻ってきますが、記念に持って帰ることも可能です。

ドイツ各地から、ドイツ人も観光バスで訪れるほど、ライプツィヒのクリスマス市はその美しさで知られています。

週末はかなり込みますので、お勧めは平日!

是非ライプツィヒのクリスマス市でグリュ-ワインを飲みながら素敵なクリスマスの雰囲気を味わってくださいね。

gaikan.jpg

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。