トビリシのヘアサロン体験記

公開日 : 2019年01月15日
最終更新 :
筆者 : fujinee

美容師をしているイラン人の友人Aidinに去年の8月の終わりにヘアカットして貰ったのですがあれから4ヶ月半。髪が伸び放題でAidin氏も今はイランにいるので初めてトビリシのヘアサロンに行ってみました。

トビリシには非常に多くのヘアサロンがあります。どこが良いのか解らないので取りあえず通りがかった店に入ってみました。この間のსაოჯახი სამზარეულო(Saojakhi Samzareulo)のすぐ近くです。

004.jpg
005.jpg

↑今回入店したサロンと看板。

サロンの看板にგვირილი(Gvirili)とあります。英訳すると"chilling"と出てくるので多分「クール(恰好良い)」という意味だと思われ、これが店名だと思われます。სალამაზის სალონი(salamazis saloni)はビューティーサロンの意味です。

まだカルトリ語はとても喋れるところまで行かないのですが、გაკრეჭა(gak'rech'a=ヘアカット)という単語を一語覚えて行きました。でもスタッフも美容師の方も英語が通じたので少しズルをしました(笑) 。

ジョージア人の友人に聞いたところ、トビリシでの男性のヘアカットの相場は5~7ラリという事でしたが、尋ねると10ラリだとの事で、しかも男性のヘアカットは日曜日に来て下さいとの事でした。でもせっかくですから今回はここで切ってみる事にしました。

でも実際にカットしてみて、この値段の差は床屋と美容院の差だと思いました。担当して頂いた男性の美容師は確かな腕でしたね。バリカンの長さを4段階調節していましたから。僕自身ここ30年くらいした事がないようなおしゃれなスタイルにして貰いました。これで日本の1000円床屋の約半額ですから大満足です。

↑地図の表記はありませんがこのマーケットの先(地図右)です。

გვირილი სალამაზის სალონი(Gvirili salamazis saloni)

住所:33 Kote Marjanishvili St,Tbilisi,Georgia

※営業日/時間は不明ですが男性のカットは木曜と日曜のみ

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。