像の街~前編

公開日 : 2019年01月29日
最終更新 :
筆者 : fujinee

旧ソ連圏の街の多くがそうだと思うのですが、トビリシにも非常に多くの銅像があります。僕は特にこういうものが好きなので今まで多くの銅像を観て回りました。勿論全部は観ていませんしとても全部を列挙出来ないのですが代表的なものを幾つか挙げてみようかと思います。

像を観て回るというのもトビリシ観光の面白い醍醐味だと思います。まず前編は比較的有名なものから。正式な名称が解らないものは仮で名称を付けました。

★ジョージア母の像

恐らくトビリシで一番有名な像だと思います。ナリカラ要塞の近くにあります。左手に杯を持ち客を歓迎し右手に剣を持ち敵を迎え撃つ女性の像です。

Mother003.jpg
Mother001.jpg

★自由広場の像

トビリシの中心部の自由広場(თავისუფლების მოედანი/Tavisuplebis Moedani/Librety Square)に建っています。馬に乗ってドラゴンを退治している聖ギオルギの金色の像です。

Liberty001.jpg
Liberty002.jpg

★ヴァフタング・ゴルガサリ像

これも有名な像。トビリシを築いたゴルガサリ王の像です。

gorgasali001.jpg

★タマダ像

ジョージアの酒の席で幹事をタマダとよびます。酒を飲み干すまでテーブルに置けない角型の杯を持っています。紀元前7世紀に作られた銅製の考古学出土品のレプリカです。本物は国立博物館にあります。旧市街のランドマークです。

↑この東側の三叉路の交差点にあります。

tamada001.jpg

★踊る人々の像(仮)

旧市街にあるコミカルな像。この輪に混ざってポーズを取り撮影をする観光客を良く見掛けます。

↑この北側の大通り沿いです。

dancing001.jpg

★街の灯を点す像(仮)

これも旧市街にあります。以前は本当に灯りが点って良い雰囲気だったのですが今は残念ながらライトは外されています。

【追記】その後またライトは取り付けられて灯りが点るようになりました。(2019.10.29)

↑ここのすぐ北側。

lighting001.jpg

★コンサートホールの像(仮)

トビリシ・コンサートホールの前にあります。仮面を持つ女性の像です。

↑建物の入口にあります。

concert001.jpg

※記事についてのご指摘を頂きましたので校正を加えました。(19.02.04)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。