[ロワール・ワイナリーを訪ねて|ヴーヴレ ] シャトー・ド・ヴァルメール| Château de Valmer AOC Vouvray

公開日 : 2019年05月29日
最終更新 :

サントル・ヴァル・ド・ロワールのワイナリー、シャトー・ド・ヴァルメール(Château de Valmer)の一般公開に行ってきました。

こちらのお城は、5世紀前にフランス国王フランソワ1世の評定官であったSieur Binet シュール・ビネ氏が建築を決め、庭園もまた一見の価値あるシャトー・ド・ヴァルメールです。通常の観光では、広い敷地内を占めるイタリアン・ルネッサンスのバルコニーから美しい庭園を眺め、見事な家庭菜園や、1524年建築のトングロディット式礼拝堂(穴を掘って作られた礼拝堂)も見ることができます。観光の後にはワインの試飲もあり。

今回は、一般公開日ということもあって特別に一般公開されている、ワインセラーとカーブ、そして、ワインの試飲。オーナーの方の案内とともに、ヴァルメールのワインと過ごす一日を楽しみました。

現在も、De Saint Venant ドゥ・サン・ヴナン伯爵家ファミリーがお城に住み、息子さんのJean de Saint Venantジャン・ドゥ・サン・ヴナン氏がお城を引き継いでいます。

シャトー・ヴァルメールのボトルラベルにも使われている、シャトーの門はこちらです。

chateau_valmer1.jpg

こちらを通って、まずは受付へ。右手にワインが購入できるブティックがあるのですが、その中に受付があります。一般公開日以外の日に訪れる際には、入場チケットを受付にて購入(通常は庭園内のビジットのみとなります)。今回は一般公開なので、入場料は無料です。

さて、ヴィジットが始まります。

chateau_valmer2.jpg

ヴィジットの所要時間1時間。さあ、ワイナリーへ入っていきましょう!

chateau_valmer3.jpg

ワイン発酵樽である、コンクリート タンクがずらりと並びます。

シャトー・ヴァルメールでは、コンクリートタンクを使用することで、朝晩の温度調整を行い、ワインの発酵を調整し、味や香りを各タンク毎で行っています。

chateau_valmer4.jpg

各コンクリートタンク詳細についてはチョークで手書きで記載。

chateau_valmer5.jpg

案内してくださったのは、オーナーの Jean de Saint Venant ジャン・ド・サン・ヴナン氏です。

[画像提供:Château de Valmer]

chateau_valmer6.jpg

2階に上がってから下を見ると、これまた圧巻です。

chateau_valmer7.jpg

出口を出たら、

chateau_valmer8.jpg

森につながっていました。

chateau_valmer9.jpg

そこからサントル・ヴァル・ド・ロワール地方独特の地形でもあるトングロディット。

chateau_valmer10.jpg

二つ目のトングロディットの穴が入り口です。

chateau_valmer11.jpg

こちらのトングロディットのカーブへと入っていきます。

chateau_valmer12.jpg

トングロディットのカーブです。

chateau_valmer13.jpg
chateau_valmer15.jpg
chateau_valmer14.jpg

ヴィジットも終わり、出口まで長い通路を歩いて、

chateau_valmer16.jpg

こちらの出口より外に出れば、お城側へ。

chateau_valmer17.jpg

さて、ビジットの後は、試飲タイムです。

chateau_valmer18.jpg

今回試飲したのは、AOC Vouvray ヴーヴレワインと、AOC Touraine Roséトゥーレーヌロゼ。

chateau_valmer19.jpg

試飲した後、気に入ったものがあれば、購入も。

私が試飲したのは、Vouvray AOCヴーヴレーAOC では、Effervescent Fines Bulles Brut(エフェルヴェサン フィン・ブル・ブリュ:白泡/辛口), Sec 2017(白/辛口), Demi-sec 2014(白/半辛口) , Moelleux 2009(白半甘口) の4種類。

Touraine Rosé AOC トゥーレーヌ・ロゼAOCでは、Méthode traditionnelle Effervescente Brut(メトード・トラディショネル・エフェルヴェサント・ブリュ:白泡辛口), Rosé Nature 2017(ロゼ・ナチュール:ロゼ)の2種類。白ワインとスパークリングワイン。

Moelleuxモローと呼ばれる白/半甘口は、食前酒にピッタリで、ついついシャキ―トリー(豚のパテやハム等のおつまみ)がすすみます。

入り口右手にある、 シャトーヴァルメールのブティックまで戻り、購入したボトルを受け取りました。

chateau_valmer20.jpg

私が購入したのは、Effervescent Fines Bulles Brut。前回ロゼを購入しましたが、スパークリングワインは、お祝いの時にも喜ばれるので、今回は、スパークリングワイン白をいただきました。

chateau_valmer21.jpg

ブドウ品種は100%シュナン。シュール・ラット熟成で3年間貯蔵され、手動による動瓶ルミアージュされたもの。2015年のワイン・アシェットガイドにて二つ星を獲得しています。

蔵訪問、ショッピングを終え、シャトーを後にし、そのまま目の前に広がる田園風景を堪能します。

chateau_valmer22.jpg
chateau_valmer23.jpg

一般公開は年に2回。4月と11月。次回は、11月のクリスマス前に一般公開となります。ワインセラーオーナーの案内では、ワイン栽培から、蔵の歴史、そして各種ワインについて、色々なお話しをわかりやすくお話ししてくださるので、とても充実したビジットとなりました。

J'ai passé la belle journée avec Château de Vermer.ヴァルメールのワインとともに、素敵な一日を過ごすことができました。

Château de Valmer Vins et Jardins

シャトー・ド・ヴァルメール ワイン&庭園

https://www.chateaudevalmer.com

※通常時期のヴィジット:庭園+礼拝堂+ワイン試飲

※15人以上のグループの場合、ガイド付き(英or仏)ワインセラー+カーブ訪問も可能です。事前に見積もり&予約が必要となります。

※お城に直接問合せは、英仏語対応。

[掲載内容: Château de Valmer 承諾済]

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。