トビリシのぼったくりバーに注意

公開日 : 2020年02月25日
最終更新 :
筆者 : fujinee

トビリシの町で最近、外国人がぼったくりバーに誘導されて多額の請求をされるという被害が報告されているそうです。

拙ブログでも注意喚起いたします。

まず、トビリシにおいてぼったくり被害に特に注意すべきエリアはダヴィット・アグマシェネベリ通りの一角で、メトロ・トビリシのマルジャニシュヴィリ駅から徒歩で南東へ約10分行ったエリアです。

001.jpg

↑特に注意が必要な一角。

このエリアはカフェやバーが並び、女性が英語を巧みに使った客引きをしてきます。

客引きをしている店に関しては特に法外な値段を請求される可能性が高いので注意してください。

また、日本とは違うぼったくりバーへの誘導の手口としては、観光客に町なかで気さくに話しかけてくるパターンがあります。

この場合、相手はバーの客引きといった雰囲気を出さずに、外国人と友達になりたいといって話しかけてきます。

そして会話が弾んだあとに、「いい店を知っているから一緒に行こう」と、ぼったくりバーに誘導します。

隣国トルコなどではぼったくりのお決まりの手口として知られているのですが、ここトビリシでもこの手口が出てきているようです。

まだ知り合ったばかりの人物から店に誘導されるケースに関しては疑う必要性があることを認識してください。

そのほかに、トビリシでの治安面の注意事項に関してはこの記事を参照にしてください。

【注意】

ダヴィット・アグマシェネベリ通りの一角に関しては特に注意が必要なエリアとして挙げましたが、ぼったくりはこのエリア以外でもあり得るということも認識してください。

【英語/カルトリ語表記と発音】

ダヴィット・アグマシェネベリ通り(Davit Aghmashenebeli Avenue/დავით აღმაშენებელის გამზირი/davit aghmashnebelis gamziri)

マルジャニシュヴィリ駅(Marjanishvili/მარჯანიშვილი/marjanishvili)

↑特に注意が必要な通りの周辺地図。具体的には......

↑Tchorokhi Streetとの三叉路から南東側の通りです。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。