エストニア生活 キノコ狩りにハマる!

公開日 : 2020年09月23日
最終更新 :

エストニアの夏〜秋にかけてのお楽しみと言えばきのこ狩り。

2020年の今年はもう終わりかな〜と思っていた9月上旬、まだまだきのこ狩りはできるよ!という情報を聞きつけ、われわれのお気に入りスポットへ行ってきました。

1.jpg

狭い道をゆっくり走ると、きのこ狩り中の方々の車がチラホラ。先を越された......と思いながら森へ入ると、すぐにクッケセーン(Kukeseen/アンズダケ)を発見。

枯れ葉の下に埋もれた黄色い物を見つけたら要チェックです!

2.jpg

特に松の木のまわりはクッケセーンが生えやすいので、ひとつ見つけたらほかにもないか確認。歩いてすぐに見つかると楽しいですね。雨のあとだったので、なかなか前に進めないくらいたくさん採れました!

3.jpg

森の恵みをおいしくいただくための下準備。クッケセーンの根本を切り落とし、中に虫がいないか確認(※以前リンゴの回でも書いたとおり、暖冬の影響でクッケセーンの中にも虫がたくさんいます)。

4.jpg

柔らかいので気をつけながら水洗い。こちらは乾かしているところ。

5.jpg

ベーコン、牛乳、玉ねぎでクリームソースを作り、ベイクドポテトと一緒にいただきました。

6.jpg

調べてみたところ、日本でもクッケセーンは収穫できるそうです。が! なんと日本では毒キノコの部類に入ると。加熱していない物を大量に摂取すると中毒症状が起こるようですが、エストニアではきちんと加熱すれば問題ないといわれています。

クッケセーンに似た猛毒キノコもあるので、ご自身で判断せず、必ず専門家の判断を得てから食べるようにしてくださいね(^^)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。