日光で気軽にゆばをいただく!【ゆば料理 和風喫茶 さん・フィールド】日光市

公開日 : 2020年10月18日
最終更新 :
筆者 : KEY

日光の名物と言えば「ゆば」です。

とは言ってもどちらかというと高級グルメに位置するゆば。

そんなゆばは何処で食べられるのか?

今回紹介するのは比較的気軽にリーズナブルにいただけるゆばの店。

DSC07499.JPG

さん・フィールドさんです。

日光市役所前に立地し、バス停もちょうど目の前にあるので比較的訪れやすいです。

DSC07500.JPG

ちなみに看板に湯波とあるのが見えます。

あえて「ゆば」とひらがなで書いてる場合が多い理由はなぜか?

漢字で日光では「湯波」京都では「湯葉」と書き方が違います。

その違いは何か?

豆乳を煮詰めて表面に出た膜の引き上げ方。膜を二つ折りにして二重に引き上げたものが「日光の湯波」。

一重で引き上げたものが「京都の湯葉」と言われてます。

両方使うのは表記の揺れに対応するためとひらがなは混同と誤字を避けるためなのかもしれません。

さん・フィールドさんでは喫茶としても営業しており、気軽にコーヒーなどもいただけるのです。

ですが今回はゆば御膳をいただきます。

DSC07506.JPG

ゆば尽くしの御膳です。1980円(税込)

DSC07509.JPG

福ゆばです。湯波煮としてはボリュームも多く満足の一品。

しっとりとてもおいしい。

DSC07510.JPG

こちらは串ゆば。

カリッとしてまた違った食感を楽しめます。

DSC07511.JPG

しの巻きゆばのあんかけ。

汁物もあり堪能できるのでまったく飽きません。

味も大きさも大満足の甘く煮た湯波に、リピーター続出です。

まさにゆばを堪能できる内容となってます。

なので混んでいるときもありますが、回転がいいので最小限の忍耐で並んでいただければ堪能できることでしょう。

東照宮の行き帰り、また、お腹の空いたとき、ちょっと疲れたときなど、食事をとりながら、コーヒーを飲みながらと気軽に行けるのが魅力です。

DSC07497.JPG

■ゆば料理 さん・フィールド

・住所: 栃木県日光市下鉢石町818

・TEL: 0288-53-4758

・営業時間: 11:00〜18:30

・定休日: 木曜日

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。