紅葉を車で満喫!日塩もみじラインをドライブ!!「日光市・那須塩原市」

公開日 : 2020年10月25日
最終更新 :
筆者 : KEY

2020年秋。栃木県でも紅葉の時期がやってきました。

2020年10月25日現在、栃木県では奥日光の紅葉が見頃を迎え渋滞してるようです。

2019奥日光の紅葉記事↓

今回は比較的混雑の少ない日塩もみじラインドライブでの紅葉スポットをご紹介。2020年10月25日撮影

日塩もみじライン「日塩有料道路」とは?

鬼怒川温泉と塩原温泉を結ぶ標高1000mを超える高原道路で、四季折々の景色が楽しめ、愛称のとおり、紅葉の季節は圧巻。有料道路ですがドライブで紅葉を楽しめる人気のスポットです。2020年12月11日以降には無料になる予定です。

今回は日光鬼怒川方面の藤原料金所から入るルートでご紹介。

となるとその手前にある龍王峡は外せません。

龍王峡

DSC08292.JPG

以前、記事にしてます。

巨岩と清流の自然の芸術。龍王峡~鬼怒川↓

龍王峡すぐのところに藤原料金所があります。

日塩もみじライン

IMG_0828.JPG
IMG_0827.JPG

紅葉の見ながらドライブを楽しむことができます。

また、日塩もみじラインの通過途中にはいくつかスポットが存在します。

太閤下ろしの滝

DSC08304.JPG
DSC08307.JPG
DSC08312.JPG

深い滝壺に落ちる上の滝と、その淵からあふれ落ちる下の滝の、2段で構成の滝です。

白滝

DSC08317.JPG
DSC08339.JPG

休憩エリアになっているのでライダーなども多く集まっています。

真っ赤に染まったもみじが映えます。

いまは営業してませんが、峠の茶屋のすぐ脇に白滝があります。

DSC08330.JPG

細いですが愛らしい滝となっております。

DSC083461.jpg

また、「寄り添いもみじ・思いもみじ・思われもみじ」と呼ばれこの愛称になった経緯は燃えるような紅色。

多くのカップルたちが訪れ、このもみじのように互いに寄り添い、絆を確かめ合えるスポットになってほしいとの思いが込められているようです。

DSC08351.JPG

日塩もみじラインの紅葉は11月上旬までは楽しめるかと思います。

ぜひとも、楽しいドライブを満喫されてはいかがでしょうか。

■日塩もみじライン 藤原料金所

・住所: 栃木県日光市藤原1324

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。