【2020年11月9日現在】ジョージアの新型コロナウイルス対策情報

公開日 : 2020年11月10日
最終更新 :
筆者 : fujinee

1. ジョージア政府の新型コロナウイルス対策の一環として、2020年11月9日より当面の間、トビリシ、クタイシ、バトゥミ、ルスタヴィ、ズグディディ、ゴリおよびポティの各地域で、22時から翌5時までの移動が制限されます。

夜間移動制限に違反した場合、2000ラリの罰金が科されます。

2. 先般の議会選挙の結果を受けて、全国各地で野党による抗議集会が行われています。これらの集会には数千人から場合によっては数万人の参加が見込まれ、これまでの抗議活動の状況から、警察との間での衝突が予測され、また、一部の参加者は銃器を携帯している恐れもありますので、在留邦人の皆様にあっては、くれぐれもこれらの集会に近づくことのないようよろしくお願いします。

また、国内主要都市各地において、予告なく抗議集会が行われる可能性もあり、交通規制などが行われることも予測されますので、在留邦人の皆様におかれましては、政府機関、地区選挙管理委員会事務所、政党事務所付近を移動する際などは特に周辺の状況に気をつけ、可能な限り外出を控えるなどの対応をお願いします。

※以上、大使館からのメールを一部引用。

※画像はトビリシの秋の路地です。

001.jpg

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。