月明りの下、自宅から100m先でクロスカントリースキーに興じる!

公開日 : 2021年02月07日
最終更新 :

2000年からスイスに住んでいますが、移住当時に比べると、スイスの冬もかなり温かくなり、積雪量が減っています。

冬になると、山中の自然な坂道がソリコースと指定されたりすることがありましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。

私の住居地の近くには農家の畑が広がり、その向こうにはアイガー・メンヒ・ユングフラウに代表されるベルナーオーバライドのスイスアルプスの壮大な姿が見えます。

この畑も雪が積もればクロスカントリースキーコースに早変わりです。

ここ数年、農地でクロカンをする機会に恵まれなかったように思いますが、インスタグラムで投稿したように、1月の終盤に降ってくれた雪のお陰で、自宅でクロカン靴を履いて、クロカンスキーとストックを手に畑に向かいました。

「このチャンスを待っていました!」と朝早くからクロカンに興じる住民がいるようで、私は、すでに作ってもらっているトラックを利用させてもらいました。

20210207-langlauf-s-text.jpg

実際の畑に積る雪は、地面の柔らかさも手伝ってクロカンコースには適さず、トラックは、通常住民たちの散歩道になっている農道や畑の端にできています。

この日は、寒いながらも快晴で、月明りの下、いい運動ができました。

ちょっと信じられない変わりようですが、この積雪の2日前はぽかぽか陽気で、多くの住民が散歩をしていましたよ。

20210207-langlauf-2days-before-s-text.jpg

スイス生活は、自然と共存しているな~と感じます。

それでは、今日はこの辺で!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。