ブリスベンでおいしい朝。おすすめモーニングカフェ4選

公開日 : 2021年03月03日
最終更新 :
筆者 : Lily さん
000.jpeg

ブリスベンはカフェ激戦区。

おいしいコーヒーやモーニングを看板に掲げるお店が点在しています。

6時など、朝早くから開いているお店も多く、出勤前にすてきなカフェでパワーチャージする人もたくさん。

新型コロナウイルスが猛威を振るい自粛生活を余儀なくされる昨今ですが、事態が収束した暁にはぜひ訪れてほしい! 私のお気に入りカフェ、厳選4軒を紹介します。

■フレンチレストランが手がけるおしゃれカフェ

まずは「MICA BRASSERIE(ミカ・ブラッスリー)」。

ブリスベンで大人気のフレンチレストランMontrachetの系列カフェです。大きく華やかなメルセデス・ベンツの店舗ビルの1階に位置するこちらのカフェは、とても洗練された雰囲気。

気軽に楽しめるベーカリーエリアと、高級感のあるビストロエリアとに分かれています。

ベーカリーには色とりどりのフルーツを使ったデニッシュやケーキがたくさん。

001.jpeg

朝食には「BREAKFAST DANISH」を。バター香るサクサクのデニッシュの上には甘めのトマトソース、ベーコン、ほうれん草に卵がどん。子供も好きそうな、優しい味わいです。

ビストロエリアでは、よりボリュームのあるバランスのとれたひと皿がいただけます。

「LIKE EGGS BENEDICT, BUT BETTER(エッグベネディクトみたいな、でもそれよりもおいしいやつ)」というメニューも気になったのですが、注文したのはこちら。

002.jpeg

「OPEN OMELETTE」。レモンガーリックとチリバターでさっと炒めたかにの身がアクセントになっていておいしい! そのときどきの旬の果物で作る、日替わりフレッシュジュースもおすすめです。

■MICA BRASSERIE

・住所: 194 Breakfast Creek Rd, Newstead, QLD 4006

・電話番号: +61-7-3559-2670

・定休日: なし ※ただし年末年始は営業時間が異なります

■こぢんまりカフェでフォトジェニックな朝食を

続いて紹介するのは「LITTLE LOCO(リトル・ロコ)」。

住宅街の中に位置するこちらは、平日週末かかわらずいつも地元の人でにぎわっています。店員さんはとてもフレンドリー。待っている間も気にかけてちょこちょこ話しかけてくれます。

メニュー開発も熱心で、ウェブサイトにはよく新メニューがアップされています。どのメニューもとても華やかで、インスタ映え度100。本記事のトップ画像のオムレツもLITTLE LOCOのメニューのひとつです。

今回はウェブサイトで見つけて特に気になっていたメニューをお願いしました。

003.jpeg

Avocado Garden with pouched eggs

バラのようにカットされたアボカドにエディブルフラワーと、まるで小さなガーデンのように色とりどりの食材がのったひと皿は、サーブされた瞬間から気分が上がります。

見た目だけでなく味も◎。特にバジルソースが絶品で、松の実がゴロゴロと入っていて食感が楽しい。パンにつけたり、卵やアボカドに絡めたりしてもおいしかったです。

ボリューム満点で、子供とシェアして食べても満腹に。大満足でした。

次回は2020年で最も人気だったというWaffle Benedictを食べてみたい!

■LITTLE LOCO

・住所: 121 Merthyr Rd, New Farm, QLD 4005

・電話番号: +61-7-3358-5706

・定休日: なし ※ただし年末年始は営業時間が異なります

■こだわりペストリーがずらり。リトル・パリなカフェ

3軒目は「Chouquette(シュケット)」。

フランス・ノルマンディ出身のオーナーが手がけるこちらのお店は、まるでパリの街角にあるカフェのよう。

ヘッドシェフはフランスの有名レストランで経験を積んだ方で、パティシエとして受賞経験もあります。原材料も妥協なく一流のものを取り寄せているそう。こだわりが詰まったケーキとパンが並びます。

今回は朝ごはんにこちらをご紹介。

004.jpeg

Danish

季節のフルーツを使ったデニッシュ・ペストリーです。今回はネクタリンという桃の一種のものでした。

意外と甘さは控えめで、酸味がしっかり感じられる、爽やかな味わい。バターの風味豊かなペストリーとジューシーで甘酸っぱいフルーツが口の中いっぱいに広がります。

ちなみに、ブリスベンではコーヒーを買うとたいてい小さいお菓子がついてくるのですが、Chouquetteでは贅沢にもプチ・フィナンシェが添えられているんです。小さいですがしっかりとバターが感じられる本格的な味わい。息子と来るといつも即座に取られてしまいます。笑

Chouquetteはマカロンやケーキ類、そしてバゲットもすごくおいしいです。特にバゲットは、いつも自宅用に買っているくらいお気に入り。店内ではバゲットサンドイッチも注文できます。しっかり朝食をとりたい方はぜひ。

■Chouquette

・住所: 19 Barker St, New Farm, QLD 4005

・電話番号: +61-412-612-104

・定休日: なし ※ただし年末年始は営業時間が異なります

■漂う焙煎の香り。オーストラリアNo.1のコーヒーで幸せな朝

最後は「BELLISSIMO COFFEE(ベリッシモ・コーヒー)」。

2009年にブリスベンでオープンして以来、多くの大会で最高賞を受賞。その数はオーストラリアでトップを誇ります。今回紹介するのはその1号店。お店に近づくだけで感じる、あたり一面に広がるコーヒーのいい香り。

店内の棚に並べられたさまざまなコーヒー豆は、それぞれ味の特徴がパッケージに記載されていて選びやすいです。

005.jpeg

私のお気に入りは「ULTIMO」。黒糖のようなほのかに甘い香りとマイルドな苦味が特徴で、酸味が得意でない人には特におすすめ。

店内では1日中、朝食メニューが提供されています。

006.jpeg

BELLISSIMO BOWL(左)、BELLISSIMO BREAKFAST(右)

さすがロースタリーだけあって、コーヒーは格別!

食事メニューも豊富で、ヴィーガン向けのものも。BELLISSIMO BOWLは豆とフェタチーズと甘酸っぱいドレッシングがアクセントになっていて、ボウルいっぱいのサラダもペロッと食べられてしまうおいしさです。

■BELLISSIMO COFFEE

・住所: 30 Wandoo St, Fortitude Valley, QLD 4006

・電話番号: +61-7-3666-0554

・定休日: なし ※ただし年末年始は営業時間が異なります

以上、ブリスベンのモーニングカフェでした。

皆様も、すてきな朝時間を。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。