アルゼンチンの気候と季節ごとの服装、ブエノスアイレスの今週の天気

公開日 : 2023年08月28日
最終更新 :

アルゼンチンの気候

南アメリカ大陸南部の大部分を占めるくさび形の国、アルゼンチン。北は南緯21度から南は南緯55度まで、南北の全長はなんと3800kmに及ぶ。北の亜熱帯性地域、東のパンパ(大平原)、西のアンデス山脈、そして荒涼たる大地が広がるパタゴニア地方など、その気候は大きく亜熱帯、温帯、乾燥、寒冷気候の4つに分けられ、さらに16の気候区に細分される。
ブエノス・アイレスが含まれるパンパ地方は四季折々のよさがある。しかし夏はけっこう暑く、冬は寒い。観光には春または秋に当たるシーズンが向いている。特にアンデス山脈麓のメンドーサなど、ブドウがたわわに実る夏から収穫期の秋頃がいい。北部の亜熱帯地方は、乾季から雨季への変わり目となる11月頃が観光にはベストだ。スキーは7~11月上旬頃までの冬に楽しめる。パタゴニア地方の観光シーズンは11~4月の短い春から夏にかけて。それ以外の時季も行けないことはないが、雪が降ったり寒かったりで、観光にはあまり向かない。

季節ごとの服装の目安

夏(1~3月)

日中は30℃近くになる日もあるが、乾燥しているので比較的過ごしやすい。南部や内陸部は夏でもそれほど暑くなく過ごしやすい。

秋(4~6月)

木々が紅葉し、ブドウをはじめとする実りの秋。天気が不安定になり、特に南部パタゴニア地方の観光は3月いっぱいまで。

冬(7~9月)

ブエノスアイレスで雪が降ることはないが、風が強く冷え込む。それでも内陸部は比較的温暖で避寒地として人気。

春(10~12月)

日本と同様、各地で花が咲き始め新緑が美しい。南部や北部の山岳地帯は朝晩はかなり冷え込むので防寒具を用意。

服装アドバイス

南米にはあらゆる気候が揃う。温帯地域から熱帯、砂漠、ジャングル、山岳地方、そして寒帯まである。特に山岳地方や砂漠気候のところでは、昼夜の温度差が20℃近く違うこともある。
そうなると服装もひととおりのものが必要となる。少ない着替えで暑さ、寒さをのりきるには、重ね着のできるものを用意するのがいい。特に風を防ぐウインドブレーカーやマウンテンパーカー、首や体に巻いて寒さをしのげるストールやマフラーなどはぜひとも持っていきたい。
暑い時期であっても、日焼けや虫よけを考えて、長袖・長ズボンを用意しよう。また、靴はしっかりとした歩きやすいものがベスト。
セーターや革製品は現地調達もできる。アルパカのセーターやマフラーなどは品質も良く、かわいいものが手ごろな値段で手に入る。

ブエノスアイレスの今週の天気

筆者

地球の歩き方ウェブ運営チーム

1979年創刊の国内外ガイドブック『地球の歩き方』のメディアサイト『地球の歩き方web』を運営しているチームです。世界約50の国と地域、160人以上の国内外の都市のスペシャリスト・特派員が発信する旅の最新情報をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。