暮らすように過ごしたいcafe「もりくらす」 ~真庭市蒜山エリア~

公開日 : 2023年09月18日
最終更新 :
筆者 : mami

蒜山で泊まったフェアフィールド・バイ・マリオット岡山蒜山高原では、館内にレストランがなく、地元で食事や観光を楽しむことによって、地域を活性化させるのが狙いということで、ホテルで紹介してもらった飲食カフェのひとつ「もりくらす」へ朝食を食べに行きました。高原ではなく、森の中へ入っていきます。

こちらが建物です。見事に森に調和していますね。

階段をのぼるとエントランスはこんな感じで、優しい朝の光につつまれていました。
ファーストインプレッションは「あ~、このセンス好きだわ~。」

数本の杉がズーンと屋根のスレートを突き抜けています。

この日のいちばん乗りだったので、いっぱい写真を撮らせていただきました。インテリアは木をふんだんに使った明るい空間です。
照明の配線がプロっぽくなくてオーナーさんに「DIYですか?」とお尋ねしたら「躯体の鉄骨以外は自分で造ったんです。」と仰られました!この壁板やカウンターの造作は、DIY以上ですね?

極めつけはトイレを出たところにあるミシン…じゃない「洗面器」 !
ミシンの足踏みを踏むと、ミシンの左の蛇口から水が出てくるのです!もちろんオーナーの手作りです。頭い~!

座ったカウンターの横には、古いカメラやタイプライター。手前は暖炉です。
冬、パチパチと木のはぜる音を聞きながら、窓辺から双眼鏡でバードウオッチングもいいですよね。

カウンター席から見える景色は森の樹々で、小鳥のさえずりが耳に心地よく、昨日の酷い台風が嘘のような穏やかさです。

オーダーしていたベーグルとアールグレーティがきました。
夫は飲物だけでいいと、ベーグルサンドを一人前オーダーしたら、オーナーは気を利かせ半分にしてくれていました。(笑)
はちみつレモンとチーズクリームがはさんでいます。食べたことのない組み合わせでしたが。美味しくいただきました。

カフェには森を散策のできる小路もありました。1日1組、泊まることもできるので、「もりくらす」という名前の通り、ここに泊まってテラスでBBQをしたり、森で木の実や蔓を採ってきてリースを作ってみたり…自転車でサイクリングしたり…
のんびりとここで暮らすように過ごすのもいいなぁと思いました。

所在地
真庭市蒜山本茅部560-1
TEL
090-2009-3068
営業時間
9:00~18:00(L.O17:30)
定休日
第2・4日曜日、月曜日(祝日の場合は営業)

筆者

岡山特派員

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の生粋の「おかやまっ子」です。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。