【イタリア】ボローニャの綺麗な教会を紹介①サン・フランチェスコ聖堂

公開日 : 2023年08月07日
最終更新 :
筆者 : 望月 唯

ボローニャのサン・フランチェスコ聖堂は、13世紀に設立されたゴシック様式の教会です。
ゴシック様式は同じくボローニャにあるサン・ペトローニオや、ミラノの大聖堂と同じ様式になります。
当時の建築家のこだわりが詰まっていました。

当時の教会建築のブームは、軽く、高く、壁を薄く!

サン・フランチェスコ教会の裏側
サン・フランチェスコ教会の裏側

前の時代のロマネスク様式の教会は、たくさんの大理石を使って荘厳さをイメージしたのに対し、13世紀から始まったゴシック様式では、「壁への装飾を減らして、もっと軽く、高く教会を作ろう」ということになりました。
サン・フランチェスコ聖堂はそんな13世紀に設立しています。
教会内部だけでなく、後ろから見てもゴシック形式の特徴がわかります。
下にある聖堂の土台に対して、積み木のようにどんどん重なって高さが作られています。
ちなみに麓にあるお墓に埋葬されているのは、中世のボローニャ大学の教授だそうです。

縦に長い教会
縦に長い教会

内部はこんな感じ。
縦に長い作りになっています。
大理石の重々しさはなく、神様がいる空に続くようなイメージで作られました。
ただし壁が薄いと、柱がなければ崩れてしまいます。
「うすい壁を支えるにはどうしたらいいのか?」といった時に生まれた当時の技術が、アーケードの柱「Contrafforti」です。文字通り、力に対抗するという意味ですが…
アーケードの柱の組み合わせによって、壁を支えています。
ゴシック様式の教会の特徴なので、この柱を発見したらぜひ「12世紀あたりに作られたんだ」と思いながら鑑賞してみてくださいね。

サン・フランチェスコ聖堂
Piazza Malpighi, 9, 40123 Bologna BO
月曜日から金曜日 6時45分~12時00分, 15時30分~19時00分
日曜日 6時45分~13時00分, 15時30分~19時00分
※ミサを執り行っている時は入れない可能性があります。

サン・フランチェスコ聖堂を観光したら…

すぐ目の前には、こちらの記事で紹介した、「トラットリア・ファントー二」があります。
トラットリア・ファントー二の外の席なら、聖堂の外観を眺めながら食事ができますよ。

お知らせ

1月にマルコと一緒に日本へ約5年振りに帰国いたします。
2024年1月9日(火)~18日(木)まで日本で個人レッスンをしておりますので、ぜひイタリア人ピアニストと勉強したい方はぜひ、X・旧Twitterをチェックしてください!

また、2024年1月11日に横浜市の「岩間市民プラザ」にて、マルコと初のデュオリサイタルを19時より行います。
また詳細をお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
つい先日、火事の被害に遭ったボローニャの教会のチャリティーコンサートを行おうと計画中です。
※動画は教会での練習風景(現在は火事により屋根がなくなった関係で入れなくなっています)。筆者撮影。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。