【スロベニア】本格タコスEL PATRON

公開日 : 2023年10月26日
最終更新 :

スロベニアで本格タコスのお店ができました。数年前からできていたようなのですが、引っ越してより大きなスペースでタコスを提供し出しました。

スロベニアでも人気のメキシコ料理

メキシコ料理はスロベニアでも大人気。すでにテクス・メクスに分類されるであろうメキシコ料理レストランは10年以上前にオープンしていました。テクス・メクスとはアメリカのテキサス州で生まれた料理で、元々のメキシコ料理にアメリカのエッセンスが加えられた料理だそうです。したがってアメリカ料理として区分されているそうです。チーズが多用されたり、ファヒータはこの料理に分類されるそうです(全然知りませんでした)!

個人的に辛いものや、ライム、レモン、そしてパクチーやアボカドが大好きで、グルメのスロベニア人のお友達に紹介されたのがこのEl PATRONでした。なかなか行けなかったのですが、行ってみて大正解でした!

様々な本格タコス!

とにかく美味しく、ベジタリアンまたはヴィーガンの方でも食べられるタコスが定番メニューにあります。量もちょうど良く、大食感の筆者にとっても3個食べたら全然ディナーまでお腹は持って元気に観光できます。カスタマイズもできるそうなので、ぜひ慣れたらオリジナルタコスをオーダーしてみるのもいいかもしれません。

筆者ナンバーワンだったCarnitasタコス。豚肉とパクチーの相性が素晴らしかったです。
@yukikikuchi 筆者ナンバーワンだったCarnitasタコス。豚肉とパクチーの相性が素晴らしかったです。
Vallarta coconut fish, 魚のタコス。揚げてあります。食べやすし。
@yukikikuchi Vallarta coconut fish, 魚のタコス。揚げてあります。食べやすし。
Pastor Veggie というキノコのタコス。これもパクチーがあって大好きでした。
@yukikikuchi Pastor Veggie というキノコのタコス。これもパクチーがあって大好きでした。
Chicken Pibilというチキンのタコス。
@yukikikuchi Chicken Pibilというチキンのタコス。
左からエビタコス、野菜タコス、豚ときのこ。食べ尽くしました。
左からエビタコス、野菜タコス、豚ときのこ。食べ尽くしました。

今はキャンペーン中で、シーフードが入っていないタコスは17時まで一つ3€。通常は4.2€です。手作りのサルサソースも無料でついてくるので、万が一に飽きたとしてもソースで味変更が可能で本当におすすめです。マルガリータなどのお酒も販売しています。夜遅くまで営業しているので、もしおしゃれなシメのタコスが必要な方にもピッタリですね。

店内外の様子

お店はカラフルなメキシコカラーで統一されています。タコスの食べ方や種類もポスターになっていて、勉強になりました。

広い店内。基本的に相席になります。
広い店内。基本的に相席になります。

外にも広々としたスペースがあります!ぜひ、本場のタコスをスロベニアでぜひ試してみてくださいね。

外の様子。縦で写真を撮っていたためかアップロードできず、泣く泣くクロップしました。
外の様子。縦で写真を撮っていたためかアップロードできず、泣く泣くクロップしました。
名前
EL PATRON
住所
Gornji Trg 23 Ljubljana
営業時間
毎日12:00から22:00

筆者

スロベニア特派員

菊地 由貴

スロベニアの首都リュブリャナで現地ガイド、通訳をしています。現地の魅力や生活の様子をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。