オランダの「ブルー」を求めて〜フェルメールの故郷・陶器の町デルフト〜

公開日 : 2023年11月27日
最終更新 :

『真珠の耳飾りの少女』などで広く知られている画家、フェルメールはオランダの「デルフト(Delft)(関連記事)」という町の生まれです。

その少女のターバンに使われている独特な青色は高級顔料のウルトラマリンによるもので、日本では“フェルメール・ブルー”ともいわれるほどフェルメール作品に欠かせないカラーです。

“陶器の町”でもあるデルフトには、白字に青色が美しい「デルフト焼き」という伝統工芸があり、こちらの青色もまた“デルフト・ブルー”として親しまれています。

ともにオランダ黄金時代の一端を担った“特別なブルー”を探しに、町散策に出かけませんか。主要な観光スポットと青いアイテムをキーワードに、歩いて周れるデルフトの町を紹介します。

ストリート・アート探し:インスタ映えスポットNo.1

路面電車の線路沿いをロース風車(Molen de Roos)に向かって3分も歩くと、(Kloksteeg)という路地にモダンなタッチの壁画が現れます。

オランダの“建国の父”ことオラニエ公ウィレム1世や“国際法の父”グロティウス、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』など、デルフトにゆかりのあるアイコンで埋め尽くされたこちらは、ストリート・アーティストのMicha de Bie氏による作品です。

デルフト市役所近くの路地、(Bonte Ossteeg)にも政治的なメッセージを込めるアーティスト(political artist)、Hugo Kaagman 氏が2013年に完成させた壁画があります。

(c) Hugo Kaagman
(c) Hugo Kaagman

“オランダのステンシル・キング”として知られる同氏は、現代のストリート・アートの多くに使われている技法、ステンシル・グラフィティのパイオニア的存在です。

1978年より始めたデルフト陶器との融合アートは、いまや同氏の象徴的なスタイルとなり、なかでも本作品はデルフトのインスタ映えスポット堂々1位 に輝くほど、観光客にも注目されるスポットです。

“デルフトの心臓部”、青いデルフト・ハート

デルフト観光の中心地ともいえるマルクト広場のすぐそば、新教会とマリア・ファン・イェッセ教会(Maria van Jesse Kerk)の間にある、またしてもモダンなオブジェは『デルフトの青い心臓(Het Blauwe Hart)』です。

読み取ったバーコードの解説によりますと、こちらはMarcel Smink氏がデルフト市から依頼を受け、バスのロータリー地点を見栄えよくする目的で制作、1998年に設置されました。

金属枠とガラスでできた構造はデルフト工科大学を、青はいうまでもなく“デルフト・ブルー”を、そしてハートは町の中心部として、それぞれイメージしたそうです。

◼️
ザ・ブルー・ハート(Het Blauwe Hart
・住所
Oude Langendijk 2611, GG Delft

“光の巨匠”資料館「フェルメール・センター」

生涯を通してデルフトの町を愛したヨハネス・フェルメールは、“光の巨匠(Master of Light)”の異名を持つ、オランダを代表する画家です。

「フェルメール・センター・デルフト(Vermeer Centrum Delft)」は、寡作だったという同氏の37作品すべてを原寸大のレプリカで展示している唯一の施設で、17世紀のデルフトの雰囲気を感じながら、凡人には真似できないフェルメールの特殊な技法や作品の背景について学ぶことができます。

当時のヨーロッパには、フェルメールが4度にわたって長を務めた「聖ルーカス組合(St. Lucas Gilde)」という画家の組織があり、フェルメール・センターはこのフェルメールの軌跡を多く残した組合があった場所に、新たな資料館として建てられました。

◼️
フェルメール・センター・デルフト(Vermeer Centrum Delft
・住所
Voldersgracht 21, 2611 EV, Delft
・営業時間
毎日10:00〜17:00
・入場料
大人€12、子供(12〜17歳)€6(すべて音声ガイドつき)

ブルーを持ち帰ろう! デルフト焼きショッピング

青尽くしで周ってきたデルフト観光、さいごに家までデルフト・ブルーを持ち帰りましょう! オランダ王室と関係の深いロイヤル・デルフト(Royal Delft)は、1653年に創立されたデルフト焼きメーカーで、17世紀からの伝統手法を引き継ぎ、いまもなお手塗りの“デルフト・ブルー”を生産している唯一の工場です。

工房見学やデルフト焼きの歴史、数多くの貴重な展示などを見られる博物館(Royal Delft Museum)を訪れる時間がないときは、マルクト広場にあるブランドストアだけでも覗いてみるとよいでしょう。

横向かいにはフェルメールの父親が営んでいた宿、メッヘレン亭(Mechelen)の跡地を利用した同じくデルフト焼きのショップがあり、周囲にはマルクト広場を囲むように並ぶ、デルフト・ブルーの土産を売る店がほかにもたくさんあります。

デルフトを訪れた思い出とともに、記念になるようなデルフト・ブルーが見つかるとよいですね。

筆者

イギリス特派員

パーリーメイ

2017年よりロンドン南部で家族と暮らしています。郊外ならではのコスパのよいレストラン、貴族の邸宅、城めぐり、海沿い情報などが得意です。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。