2024年の始まりは大阪天満宮へお参りに

公開日 : 2024年01月02日
最終更新 :
筆者 : かおり

あけましておめでとうございます。
大阪特派員のかおりです。

大阪は元日・2日ともに晴れでした。
元日に起こった能登半島地震では大阪もかなり揺れました。
被害に遭われた方が早くいつもどおりの毎日を過ごすことができるようお祈りいたします。

2024年最初の記事は、もちろん初詣です。

学問の神様菅原道真公を祀る

大阪市北区にある大阪天満宮は菅原道真を祀った神社で、学業成就・合格祈願で多くの学生や受験生が訪れます。
7月の花火が催される天神祭りで有名です。

訪れたのは、2024年1月2日の午前10時頃。
大混雑を予想していたのですが意外と人は少なく、お参りもすぐにできました。
11時半頃には今から向かう人でいっぱいでしたので、おそらくお昼前にはかなりの混雑になっていたと思われます。
投げ入れたお賽銭が本殿内に入るのを防ぐためでしょうか、ネットが張ってありました。

お守りなどが置いてある授与所とおみくじは3ヵ所設置されており、奥の方がすいています。
お守りはさまざまな種類がありますが、うそ鳥守というのが気になって見てみると、「うそ」を「まこと」に変えて幸運を招いてくれるお守りでした。
「鷽(うそ)」というスズメの仲間の鳥が「嘘」に通じることからこの鳥が使われており、1月24・25日には鷽替神事があります。

おみくじは金色のボールをひくようになっていました。
おみくじはいろいろひいてきましたが、ボールは初めて。

大阪天満宮への行き方は?

大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町駅」またはJR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩10分程度の場所にあります。

駅からは全長2.6kmの日本一長い商店街、天神橋筋商店街を通って行きましょう。
出店もたくさん出ていますので楽しめます。

2024年1月9日(火)~11日(木)に天満天神えびす祭、2月10日(土)~ 3月3日(日)にはてんま天神梅まつりが開催されますので、こちらにもお出かけください。

大阪天満宮

住所
大阪市北区天神橋2丁目1番8号
アクセス
・大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町駅」下車 4番出入口を出てすぐ天神橋筋商店街を右(南方面)へ進み、二ツ辻目を左へ曲がり50m程度進む
・JR東西線「大阪天満宮駅」下車 7番出入口(東西線アクセスビル)を出てすぐ天神橋筋商店街を左(南方面)へ二ツ辻目を左へ50m程度進む

筆者

大阪特派員

かおり

家族の転勤により大阪・徳島・埼玉に住み、今回で3度目の大阪には累計で約20年ほど住んでいます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。