【ロンドン】お気に入りのコーヒー豆を買って帰る。Monmouth Coffee

公開日 : 2024年02月21日
最終更新 :
筆者 : れんこん

バラ・マーケットに立ち寄ったらぜひ訪れたいのがロンドンを代表するコーヒーショップ「Monmoth Coffee」。
いつもお客さんでにぎわう人気のお店です。
1978年創業で焙煎・小売りから始まり、使われているコーヒー豆は一つひとつの農園や農場、生産組合から仕入れたこだわりのもの。生産者と輸出者の良好な関係性を追求したサスティナブルなコーヒー屋さんです。
今回は家で飲む用のコーヒー豆を買いにやってきました。

裏面もあります
裏面もあります

豆の種類がたくさんで選ぶのが楽しいだけでなく、Monmoth Coffeeのすごいところはスタッフさんが優しいという点だと思っています。
店内はお客さんがひっきりなしにやってきていつも忙しそうなのに、「こんな豆が欲しい」と相談すると好みに合わせてアドバイスをくれたり試飲させていただけたり…。スタッフさんの個人的な好みを教えてくれたりとコーヒー愛が伝わってくるところもまた良いですよね。

お好みの豆が決まったら好きなグラム数で購入しましょう。
豆のままの場合は「Whole Beans(ホールビーンズ)」、挽いてもらいたい場合は「Grind(グラインド)」と注文できます。

2種類買って帰りました
2種類買って帰りました

ちなみにMonmoth Coffeeでは2022年から使い捨てペーパーカップでの提供が終了しています。
オリジナルのリユーザブルカップ(£5デポジット制)に入れてもらって、カップを返却すればデポジット分を返金してもらえます。
そのまま持って帰ってももちろん大丈夫なので、旅の思い出にもぴったりです(シンプルデザインでかわいいのです!)。

Monmouth Coffee

住所
2 Park St, London SE1 9AD
アクセス
地下鉄ロンドンブリッジ駅から徒歩5分
営業日
月~土曜日
営業時間
7:30‐18:00

筆者

イギリス特派員

れんこん

2019年からロンドン在住。ロンドンの街中や旅先ではひたすら歩き回ることを得意としています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。