【サンフランシスコ】ヨセミテ・ファイアーフォール鑑賞ガイド

公開日 : 2024年02月24日
最終更新 :

ヨセミテ国立公園で2月中旬のみに見られるファイアーフォールを観に行ってきました。
鑑賞ガイドも最後に記載しています。

El Capitanピクニックエリアから見上げたHorsetail Fall
El Capitanピクニックエリアから見上げたHorsetail Fall

Firefallとは、ヨセミテ国立公園のEl Capitan岩壁に流れ落ちるHorsetail滝に、夕陽があたりに赤く輝く現象です。写真家のGalen Rowellが最初に撮影して有名になりました。最近はSNSで一躍有名になり異常に混雑するため、2024年は週末は入場制限が行われています。

2月15日のFirefall
2月15日のFirefall

ロッククライミングの聖地として有名な"El Capitan"の東側の岸壁にちょうど横から夕陽が差し込み、雪解け時に流れ落ちるHorsetail滝が赤く輝きます。日没の場所は日に日に移動しており、この時期はそれが岩壁に沿って射し込むことにより起こります。
Firefallが発生するにはこの条件が重なる必要があります。
(1)Horsetail滝の水があること。
(2)夕陽が雲に邪魔されず射し込むこと。
(3)夕陽が"El Capitan"の東の壁沿いに光が射し込むように沈むこと。

夕陽が射し込まないHorsetail Fall
夕陽が射し込まないHorsetail Fall

夕陽がひずむ直前に雲により射し込まないと、こんな感じになります。空の雲は赤くなっています。

2月22日17:27分のFirefall
2月22日17:27分のFirefall
  • 2月22日の日没は17:44。日没17分前の様子です。15日に比べて太陽が沈む位置が北に移動しているため、照らされた壁の面積が小さくなっています。
2月22日17:45分のFirefall
2月22日17:45分のFirefall

Horsetail滝は高所にあるため、ヨセミテ渓谷の日没時間を過ぎても赤く輝いていました。

Horsetail滝の鑑賞ガイド

入場チケットの購入

Horsetail滝を見る人が殺到し、違法な駐車や、川べりを崩してしまったりの弊害が発生したため、2024年は2月10日から2月25日までの週末は入場チケットの購入が必要になっています。
チケットはRecreation.govのサイトから購入が可能です。
この時期は、たとえFirefallを観なくても、入場チケットが必要ですので注意してください。

鑑賞場所

  • Horsetail滝(Firafall)の鑑賞は、El Capitanのすぐ下にある、El Capitan Picnic Areaがおすすめです。滝に近いため、スマホでも十分撮影が可能です。無料シャトルの停留所もあり、トイレもあります。
  • Picnic aretaは比較的広くて、鑑賞場所探しに苦労することはないとおもいます。もちろんいい場所は早く確保されるのでご注意ください。
  • El Capitan北東の道路沿い。身障者専用の駐車場の反対側(Merced川側)で樹木などに邪魔されずにHorsetail滝が見える所が見つかればそちらからでも大丈夫です。滝から離れるので望遠レンズの使用がおすすめです。
  • 公園の禁止事項には違反しないようマナーを守って楽しんでください。

鑑賞場所への移動

  • 公園局のおすすめは、Yosemite Valley Lodgeの駐車場に車を止めて、Picnic areaまで徒歩での移動です。30分ほどかかります。無料シャトルを利用することもできますが、運行頻度にも注意しましょう。
  • 戻りはシャトルに乗って、Fourmile Trailhedで下車して、Swinging Bridge経由で戻ると15分ほどでYosemite Valley Lodgeに戻れます。雪があると橋の上は滑りやすいので注意しましょう。
  • El Capitan Meadow脇の路肩の駐車スペースに駐車して歩く事も可能です。25分~35分ほどです。駐車スペースが少ないので、早めに行かないとより離れた場所になるのでご注意ください。道路にはみ出すなど違法駐車は厳しく取り締まられます。(罰金280ドル)

鑑賞の服装など

  • 駐車場の確保や、鑑賞場所の確保のために2時間ぐらい前には到着するのをおすすめします。長時間待つので、折り畳みキャンプ椅子があると便利です。
  • 陽が沈むと急に寒くなるのであたたかい服装で行きましょう。
  • 戻りは日没後の暗い道なので、ヘッドライトをお忘れなく。
  • 携帯はアンテナが1本立ちますが、データ速度が極めて遅いです。バッテリーにも注意してください。

筆者

特派員

テッド@サンフランシスコ

2000年よりサンフランシスコ近郊で生活。定年後はサンフランシスコを起点に日本からの訪問者のご案内をしています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。