【オーストリア・ザルツブルク】The Sound of Musicのロケ地で『ドレミの歌』を聴く

公開日 : 2024年03月15日
最終更新 :
筆者 : Edelweiss

オーストリアにあるザルツブルクは『ドレミの歌』で有名な『サウンド・オブ・ミュージック』のロケ地です。ザルツブルク市内にはミラベル庭園やサウンド・オブ・ミュージック・パビリオンとたくさんの撮影地を巡ることもできますが、サウンド・オブ・ミュージックのミュージカルも観ることができます!

ドイツ語で観る『The Sound of Music』

2011年からザルツブルク州立劇場にてサウンド・オブ・ミュージックのミュージカルが行なわれています。
2024年は1月5日~3月26日までに全7公演あります。筆者は1月13日と3月2日の2公演観てきましたが、2回とも異なる席で楽しむことができました。
ミュージカルはドイツ語上演ですが、英語の字幕がステージ上にあります。字幕はかなり小さいので、ステージから離れた席の場合はオペラグラスがないと見にくく感じてしまいます。ドイツ語がわからなくても、映画を観たことがあれば字幕を見ずに楽しむこともできます。

開演前と休憩時にはロビーでプログラム(フォトブック)を€3で購入が可能です。プログラムはA4サイズで写真が多く、見応えがあります。

公演のチケットは公式ホームページ、Gretchen Appまたは劇場内で購入が可能です。劇場内のチケット売り場は入って左側にあります。

ザルツブルク州立劇場

ザルツブルク州立劇場は707席とこじんまりしていますが、ホール内には大きなシャンデリアもありとても素敵です。ヨーロッパの馬蹄型の劇場を小さくしたイメージです。1階席、ボックスシート席(2階)、バルコニー席(3階)とあります。
ボックスシートは各部屋4席~6席あり、後方席では前の人の頭がかなり重なり、少し見づらくなる印象です。ボックス席からステージをよく見たい場合は1列目の席を購入した方がいいと感じました。また、ボックス席はかなり狭いので、家族で利用している人が多くいた印象です。
1階席は段差があまりないものの、後方席でもとても観やすかったです。

  • クロークで荷物を預ける場合は1人につき€1.50かかります。冬などコートを預ける必要がある時期は小銭を用意しておきましょう。

インターバル

プレッツェルとアルコールフリーのビール
プレッツェルとアルコールフリーのビール

インターバルでは2階にて軽食を買うことができます。多くのお客さんがビールやワインを飲んでいました。
食事を販売しているエリアは2階の上手側にあり、列もできていました。

Salzburger Landestheater

住所
Schwarzstraße 22, 5020 Salzburg
アクセス
Makartplatzのバス停から徒歩1分

小さな街にある小さな劇場はアットホームな雰囲気で、モーツァルトの生まれた地で音楽や劇を楽しむのにオススメなスポットです。

  • 公演によっては、1ヵ月より前にチケットが完売してしまうこともあるザルツブルク州立劇場ですが、Gretchen Appに登録しておくと席が空いた際に連絡が来るように設定できます。

筆者

オーストリア特派員

Edelweiss

ドイツ語の勉強のため、オーストリアのザルツブルクに留学しています。オーストリア、特にザルツブルクの魅力、おすすめスポット、イベント情報をお届けします!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。