海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム > 観光スポット > ヴァーサ号博物館

スウェーデンヴァーサ号博物館Vasamuseet

ストックホルムイメージ

現存する最古の完全船として有名な戦艦ヴァーサ号を展示する博物館。ヴァーサ号は、スウェーデンが強大な力を誇っていたグスタフ・アドルフ2世の治世に建造された。ドイツ三十年戦争に参戦するため、1628年8月10日に王宮近くの埠頭から処女航海に出た。ところが突風に襲われ、まだストックホルム港内にいる間にあっけなく水深32mの海底に沈没してしまった。設計上のミスか、バラストの不足か、大砲の積み過ぎか、原因はいまだに不明のままだ。
ヴァーサ号は全長61m、最大幅11.7m、高さ52.5m(マスト最上部まで)、排水量1210トン、帆の面積1275m2、乗組員445人。17世紀の軍艦としてはかなりの大きさだったことがわかる。180におよぶ彫刻が船全体に施され、特に船尾の部分は壮麗な木彫がすべて金色に塗られ、美しいものであった。1961年に行われた船体の引き揚げから復元の過程を追ったドキュメント映画も上映している。 オーディオガイドを手持ちのスマホかタブレットにダウンロードできる。

住所
Galävarvsvägen 14
交通アクセス
市バス67番かトラム7番でNordiska Museet / Vasa Museet下車、徒歩5分。
TEL
(08)5195-4800※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
スウェーデンへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
6~8月:毎日8:30~18:00
9~5月:水10:00~20:00/木~火10:00~17:00
定休日
なし
料金
150SEK(ストックホルム・パスで入場可)

地球の歩き方からのオススメ情報

ヴァーサ号博物館の口コミ

装飾いっぱいの船で見どころたくさん

評価 ★★★★★

トラムに乗って行きました。博物館の建物はヴァーサ号がそのまま収まっ...

続きを見る

ヴァーサ号博物館の口コミ一覧

ストックホルムのおすすめホテル

ヨーロッパ の海外航空券

ストックホルムのおすすめツアー

ストックホルムの現地ツアー