フランス全国のガストロノミーが、パリプランタンに集合!

公開日 : 2018年01月28日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき
7階エピスリー・フィヌ ©MANUEL BOUGOT
7階エピスリー・フィヌ ©MANUEL BOUGOT

2018年1月10日、パリのプランタン・オスマンにフレンチ・ガストロノミー専門売り場Printemps du Goût(ブランタン デユ グー)がオープンしました。1700㎡の広さにフランスのグルメ商品が一堂に会するのですから、旅行者の土産選びにも最適なスポットです。

お土産選びに最適な7階

お土産選びに最適な7階
7階エピスリー ©MANUEL BOUGOT

場所は、2017年新生したばかりのメンズストア最上階2フロア、フランス式7階と8階にあたります。並ぶのはざっと2500の商品。どれも、Printemps du Goût(ブランタン デユ グー)のエキスパートたちが、全国の約1万8000のグルメ商品を、その舌でテストして絞ったものばかりです。

7階キャーヴ売り場 ©MANUEL BOUGOT
7階キャーヴ売り場 ©MANUEL BOUGOT

7階フロアの大部分は、キャーヴとエピスリー・フィヌが占めています。キャーヴに並ぶのは、フランス全国選りすぐりのワイン、シャンパーニュ、ビール、シードル、蒸留酒の1500種。エピスリーには、フォアグラ、トリュフ、スモークドフィッシュ、はちみつ、ジャム、チョコレート、お菓子、カフェ、紅茶、オイル、ソース、ヴィネガー、マスタードなど、100%フランス産の商品が所狭しと出番を待っています。こうして見ると、グルメ土産は7階ですべて調達できそうです。

パリを見渡せる8階

パリを見渡せる8階
8階の窓からはエッフェル塔が ©MANUEL BOUGOT

では、8階は?というと、こちらはマルシェ仕立て。野菜、果物、肉、魚、チーズ、パン、パティスリーの新鮮な食料品が、手に入ります。日本まで持って帰るお土産には向かないかもしれませんが、通り過ぎては損というもの!なぜなら、こちらは最上階だけあって、見晴らしが素晴らしく、広々とした軽食コーナーが設けられているのです。席は室内と外のテラス両方にあり、どちらからも、エッフェル塔を望むパリの街を見渡すことができます。

8階には、甘党にとっても至福のサロン・ド・テがあります。というのは、2016年までパリの5つ星ホテル・プラザアテネでチーフパティシエを務めていたクリストフ・ミシャラックのお菓子が賞味できるのです。


フランス全国のおいしい味が手に入る、パリのPrintemps du Goût(ブランタン デユ グー)。有料ながら、全世界への配送もしてくれるので、うまく利用すれば、今後はお土産を買う時間やエネルギーの節約にもなりそうです。


Printemps du Goût(ブランタン デユ グー)
URL:https://www.printemps.com/magasins/actualites/ouverture-printemps-du-gout/paris-haussmann
場所:64 Boulevard haussmann 75009 Paris, メンズストア7-8階
営業時間:月曜~土曜:9:35-20:00(木曜のみ20:45まで)、日曜:11:00-19:00

(冠ゆき)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。