今日12月6日に食べるパン、グリッティベンツ(Grittibänz)焼き大会!

公開日 : 2016年12月06日
最終更新 :

今日は、サンタの日!

先週末から今日に掛けて多くのイベントがあったことでしょう。

この日に食べる特別なパンもあるのですよ。

(生地としては、スイスの伝統的に週末に食べる網パン、Zopfと同じですが、形やトッピングが違います。)

このパンについては、スイス情報.comでも紹介しています。

毎年12月6日直前の日曜日に私の住むベルン郊外のパン屋さんが、グリッティベンツ(Grittibänz)焼きのため厨房を開放しているのです。

今年も娘を連れて行ってきました!

パン屋さんは、朝が早いですよね。そして、スイスでは多くのお店が日曜休業なところ、パン屋さんだけは、焼き立てパンを休日の朝食にいただきたいスイスの方たちのために通常午前中のみ開いているのです。

グリッティベンツ焼き大会は、朝8時から開催されます。この日は他のイベントもありスケジュールの関係で、朝一にパン屋に行くことにしました。

8時5分ぐらい前に到着すると、なんと!もう2家族がドアの前で待っていました。

それから、続々と家族連れが集まり、ドアが開いたときには、10家族ほど待っていたことでしょう。

ドアが開き、ジャケットを脱ぎ、厨房に入って、手を洗って、グリッティベンツ作りに取り掛かりました。

↓の厨房の写真。8時4分。既に満員です。

Grittigaenz1-s_640x480_Credit.jpg

グリッティベンツ焼き大会が「便利」なところは、生地が既に用意されていることです!

形の作り方も図で解説があり、トッピング用のレーズンや種などのトッピングも用意されているので、直ぐにグリッティベンツの形作りに取り掛かれます。

Grittigaenz2-s_640x480_Credit.jpg

図解のように生地を切ってみました。

Grittigaenz3-s_640x480_Credit.jpg

トッピングをつけて、

Grittigaenz4-s_640x480_Credit.jpg

用意されている溶き卵を塗れば、作業は完了です!

Grittigaenz5-s_640x480_Credit.jpg

この後は、パン焼きのプロが大きな窯で焼いてくれます!

Grittigaenz6-s_640x480_Credit.jpg

焼く時間は、30分もかかりません。焼きあがるのを待っている間は、上の階の待合室でゆっくりできます。多くの皆さんは、朝起きて、朝食を取らずにイベントに来たようで、クロワッサンなどを購入していましたが、無料でコーヒーやクリスマスらしくミカンやピーナッツも用意されていました。

Grittigaenz7-s_640x480_Credit.jpg

焼かれたグリッティベンツは、待合室に運ばれてきて、自作のグリッティベンツを購入できることになっています。自作パンは量り売りされていて、写真の2つで、2フラン前後でした。準備や片付けのことを考えると、とても良心的な料金ですよね!

Grittigaenz8-s_640x480_Credit.jpg

娘は、火星人のようなパンを作りました。。。

Grittigaenz9-s_640x480_Credit.jpg

娘がこのイベントに行きたくなくなる日はそう遠くないと思いますが、また来年も楽しみにしています。

この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。