雪がちらほら オスロの4月/ 気候とおすすめの服装/ 北欧・ノルウェー

公開日 : 2017年04月30日
最終更新 :
筆者 : る。

北欧・ノルウェーも、暦の上では春。

1  Oslo 06632.JPG

まだまだ枯れ木が多いですが、徐々に若葉が芽吹き始めています。

上記写真はムンク美術館から程近く(徒歩約1分)の場所にあるオスロ大学自然史博物館の庭園内の様子。

庭園内に入ると、既に若葉を付けた木々も見られます。

ところで、4月末なのですが、こちらノルウェーのオスロでは今週も雪がちらつく日が数日ありました。

それも日中にです。

晴れの日で青空なのに、ほんの短い時間でしたが雪が舞う日もありました。

但し、積もることはなく、地面に落ちると溶けて無くなる程度の雪の降り方です。

4月24日(月)には、朝起きて窓を開け、外を見ると雪が積もっていました。

オスロのブリンダン地区で4センチの積雪が観測されました。

この時期に積雪が観測されるのは32年ぶりとのこと。

積雪の影響で、オスロ・ガーデモーエン国際空港(Oslo Gardermoen International Airport)ではフライトの遅延等で少々混乱していました。

この日は雪が溶けて路面上がみぞれのようになっていました。

ここ最近春めいてきたので、冬用の雪靴ではなくスニーカーを履いていたのですが、再び防水加工された靴で出掛けました。

2  06631.JPG
3 Oslo 06625.JPG

こちらもオスロ大学自然史博物館の庭園内にて。

4月とは言え、オスロは雪が降る可能性がありますので、ご旅行の際には秋冬物のコートを持参して頂くと良いかと思います。

私は4月に入ってからは、ダウンコートは着ていませんが、ウールのコートを着ています。

朝・夕は手袋もしています。

この時期のオスロは、空は青く、春の陽気の日もあるのですが、気温は低めでひんやりとしている日もあります。

朝晩は冷えますし、それに備えた服装を準備して頂くことをおすすめします。

* All photos credit to the author.

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。