キャラメルのような色と甘味のブラウンチーズ/ 北欧・ノルウェーを代表する食材

公開日 : 2017年07月01日
最終更新 :
筆者 : る。
4 Norwegian Brown Cheese 06471.JPG

ノルウェーを代表する食べ物と言えば、ブラウンチーズ。

パンにのせて、あるいは上記写真のように、北欧では日常的に食べられている薄いクラッカーのようなクネッケブロー(クリスプ・ブレッド)にのせていただくのが一般的。

日々の朝食やランチ等に食べられていて、ノルウェーの食生活に欠かせない食材です。

乳清(ホエー)を主原料とし、牛のミルクかヤギのミルク、あるいは両方をブレンドして作られています。

クリーム(生クリーム)も加えられています。

上記は牛のミルクで作られ、ヤギのミルクは含まれていない、明るめの色でマイルドな味のブラウンチーズです。

ブラウンチーズはキャラメル色が特徴的。

その見た目のように、チーズなのに甘味のある味で、どことなくキャラメルの味も感じられます。

これは、水分を蒸発させ時間をかけて煮詰めることで、熱が乳糖をキャラメル化させる為。

2 Norwegian Brown Cheese 06489.JPG

ブラウンチーズはある程度の硬さのあるセミハードチーズです。

250gや500g等のブロックで売っているタイプと、上記写真のように、既にスライスされて売られているタイプがあります。

スライスされているタイプのものは、一枚毎に透明シートが敷かれているので、チーズ同士がくっつく心配も無し。

忙しい時に手間を省くことが出来ることが利点です。

ブロックのタイプを購入して、チーズスライサーでスライスしながら北欧気分に浸るのも良いですよね。

チーズなのに甘いなんて、と敬遠なさる方も多いですが、食べ慣れるとこの独特な味の虜になります。

私自身も初めて食べた時は口に合わなかったのですが、何度か食べているうちに美味しいと感じるようになりました。

今ではブラウンチーズの味を思い浮かべるだけで、すぐにでも食べたくなる程に。

パンやクネッケブローと共に食事として食べられる他に、ワッフル等にのせて食べられスイーツとしても親しまれています。

ブラウンチーズはノルウェーの食文化の重要な一部を担っています。

ノルウェーを訪れる機会がありましたら是非、ご賞味下さい。

一般のスーパーマーケットで購入出来ますので、小腹が空いたらパンかクネッケブローにのせて(これらもスーパーマーケットで購入出来ます)お試しになってみてはいかがでしょうか。

* All photos credit to the author.

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。