[番外編] トリュフの街 Motovunへ 

公開日 : 2017年11月04日
最終更新 :
7A254703-BB81-4054-8291-4FA7B9FDE3CE.jpeg

イストラ半島は11月でも太陽が出ていて、暖かく最高でした。ただ冬はブーリャと言われる強風が吹いて歩くこともままならない天気になりますので、11月までが心地よく観光できるシーズンだと思います。

でも悲しむことはありません。スロベニアからモトヴンへは車で2〜3時間で着きますので近いんです。日帰りでも楽しめる距離なんですよ。街も一枚一枚の写真が絵になります。

正直、トリュフといっても缶詰とか新鮮じゃないものが出されるのではないかと疑っていましたが、とっても新鮮でどれも本当に美味しゅうこざいました。下は料理の紹介です。

IMG_1198.JPG

上は黒トリュフのニョッキ。下の写真は地元のパスタ、FUŽI(フジー)です。正直ニョッキの方が美味しかった。ちゃんとトリュフがスライスしてあって感激しました!ニョッキは大体15ユーロで、パスタは20ユーロ。手作りパスタと新鮮なトリュフなわりにいい値段だと思います。

fullsizeoutput_9dd.jpeg

この真っ黒のものは黒オリーブ、黒トリュフ、カプレを混ぜたソース。パンに塗って食べると最高です。食事を頼むとパンと一緒についてきます♪

IMG_1197.JPG

そしてこれはカルパッチョと黒トリュフ。パルメザンチーズがスライスしてあって、ほっぺが落ちました。下には新鮮なルッコラが!お酒に合うんですよねー。お値段約12ユーロ。

IMG_1199.JPG

普通、ワインを飲むのでしょうか私はビールを飲みました。イストリア半島のビールはすっきりした味わいです。こちらはサン・セルヴォロというビール。本当にオススメです。大体3.5ユーロほど。

IMG_7505.JPG

こちらはイストラプロシュート。きれいなピンク色であまり乾燥せずしっとりした味わい。これで8ユーロ。

IMG_7490.JPG

最後に2つコメントです。

一つ目は飲み物情報を。私はあまりワインを飲むと頭が痛くなるので、ビールの情報が多い記事になってしまいますが(笑)今回はワインも楽しみました。右がMalvazija(マルヴァジア)という白ワインで、この地域は定番というか、人気のある一品です。辛口のワインですがすっきりした味わいです。もちろんスロベニアでも飲めます。このイスタルスコピヴォも絶品でした。これはスロベニアに売ってないのでお土産にもオススメです。♪

二つ目はトリュフについて。今回は黒トリュフの紹介になってしまいましたが、もちろん白トリュフもあります。ただ白の方が少し高額で食べられるシーズンが短いです。夏に行くことをお勧めします。ただし採れる期間が短く、品切れている場合もあるかもしれませんのでそこはご了承ください。

普通、旅先では色々吟味しても美味しくない料理、サービス、とんでもない価格を支払わされてしまうっていうアクシデントがあるものですが、ここではそれが一切ありませんでした。みんな親切で、食べ物が全て最高。皆さんにもぜひいってみてほしい地域です。スロベニアのついでに、ぜひ訪れてみてください。

次回は街の風景をお伝えします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。