8月もオープン!ちょっと豪華なフィデウア@「Flor de Valencia」

公開日 : 2018年08月22日
最終更新 :
筆者 : 盛 千夏

「地球の歩き方」ブログ読者の皆さんこんにちは。スペイン・バレンシア在住の無料スペイン留学エージェント 、盛 千夏です。

スペインの8月はスペイン人が一番休みを取る月で、レストランもしかり。観光客向けのレストランは8月もオープンしていますが、地元民が常連の中心部にないお店は長くて1ヶ月、通常は2週間程度休業します。

でも8月も営業していて英語も通じ、なおかつ美味しいパエリアが食べられるお店もあります。

Flor de Valencia」は中心部から徒歩20分程度の距離で、バレンシアCFの本拠地メスタージャ(Mestlla)からも10分程度にあるお米料理専門店です。

いつもはお得な週末メニュー(前菜3品+お米料理or肉/魚料理+デザート+コーヒー+飲み物1杯で29ユーロ)を頼むのですが、この日はちょっと贅沢なフィデウア(Fideuá、パスタのパエリア)を注文してみました。

Flor de Valencia 1.jpg

こちらのフィデウアは珍しい事に野菜入りなんです。魚介は1人につき、大きな海老が2本+カラビネロ(Carabinero)と呼ばれる高級な海老が1本付き。お値段も1人前23ユーロとロブスター入りのパエリアと同じような値段です。

でもお値段のことだけあって、フィデウアの上にのった海老以外にもイカ・ムール貝・海老がたっぷり入っていて大満足。普段はバレンシア風パエリアに入れるガラフォン豆やモロッコインゲンも魚介の出汁を吸ってとても美味しかったです。パエリアは何度も食べたことがあって、ちょっといつもとは違う魚介系のフィデウアを食べたい人にはぴったり!

もっとリーズナブルに食べたい人は、平日のランチメニューがお勧めです。25ユーロの平日メニューがお勧めです。パエリアは2人前からになります。

食べ切れなかった分はお持ち帰りができるんですが、こんなかわいいレストランオリジナルのバッグに入れてくれました。結構しっかりしたバッグでびっくり。

Flor de Valencia 5.jpg

フィデウア以外には前菜にチャンケテ(Chanquete)と呼ばれるシラスのような魚とニンニクの芽炒めに目玉焼きをのせたもの(ぐちゃぐちゃに混ぜて食べます)と、

Flor de Valencia 3.jpg

イカと玉ねぎの煮込み(Calamares Encebollados)を頂きました。

Flor de Valencia 2.jpg

Flor de Valencia」はイカの墨煮も絶品なのですが、このイカと玉ねぎの煮込みも文句なしに美味しい!地味な伝統料理ですがぜひ味わっていただきたい一品です。

前菜は量が多めなので2人でも1皿でもいいと思います。

デザートはいつも頼むコーヒープリン(Flan de Café)を注文。

Flor de Valencia 4.jpg

日本人好みの控えめな甘さで、生クリームも美味しいんです。今回も大満足でした。

人気店なので週末は必ず予約を。メール(arroceria.flordevalencia@gmail.com)での予約も受け付けています。

Flor de Valencia

- 住所:Av. Cardenal Benlloch 22, 46017 Valencia

- 電話:961 132 291

- Email:arroceria.flordevalencia@gmail.com

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。