世界で活躍する和太鼓集団「倭 - YAMATO」

公開日 : 2019年02月10日
最終更新 :

チューリッヒ州・エルリコン(Oerlikon, Zürich)にある劇場「シアター11」は、様々なミュージカルやコンサートが公演される人気の劇場。

2006年12月に1年半の改装工事を経て、近代的な建物へと生まれ変わりました。

1500席ある劇場内は、座席から床まで真っ赤なカーペットで統一され、近代的な外観に負けず劣らず、素敵な空間となっています。

20190205_Maki_Yamato_004.640×480_credit.jpg

そして、先日は、国際的にも人気の和太鼓集団「倭 - YAMATO」のチューリッヒ公演があり、会場には現地の方々から日本人まで多く集いました。

20190205_Maki_Yamato_002.640×480_credit.jpg

(スイス・チューリッヒ公演のチケット)

20190205_Maki_Yamato_006.640×480_credit.jpg

和太鼓集団「倭 - YAMATO」は、1992年に日本文化発祥の地・明日香村で4名のメンバーから結成、現在では20人のメンバーと世界各地で活躍している実力派グループ。

彼らが海外で成功する舞台裏には、共同生活で生まれる、一体感も理由の一つ。

作曲、演出、舞台や照明のデザインまでもが、倭 - YAMATO「オリジナル」という、彼らにしか生み出せない演奏が、世界の人々を魅了してきたのでしょう。

20190205_Maki_Yamato_001.640×480_credit.jpg

結成後は、日本国外での実績を積み重ね、2015年には世界54ヶ国、3500公演以上のパフォーマンス、そして、観客動員数600万人以上を達成。

2019年度は日本国内ツアーも開催するなど、これからも芸術的な彼らのパフォーマンスが見逃せません。

現在はヨーロッパツアーを開催中。

スイスでは2月8日から3日間の、ジュネーブの劇場「Théâtre du Léman」公演を最後に、イギリス・オランダと今後の公演日程も決まっています。

20190205_Maki_Yamato_005.640×480_credit.jpg

英国でも「倭 - YAMATO」の魂がこもった演奏は、高い評価を受けており「肉体の音楽」と称されており、その肉体からバチに込める力と情熱は、太鼓の音色として観客の心にも響いてきます。

樹齢400年の大木で作った太鼓を筆頭に、全霊を込めて太鼓を叩く姿には、見ている方も歓喜の声を隠せなく、会場内では度々、感動を表す叫び声が聞こえたりしました。

和太鼓の他には「三味線」や「琴」の演奏もはさみ、美しくも力強い演奏を披露してくれました。

また、日本人らしいユーモアも交えたジョークなども混ぜ、観客の笑いをとったりと、約2時間の公演はあっという間に終了し、最後はスタンディングオベーションで幕を閉じました。

今年は、6月から10月にかけて、日本公演も予定しているので、情熱的な彼らのライブパフォーマンスを是非、体感してみてはいかがでしょうか。

<劇場・シアター11>

住所:Thurgauerstrasse 7, 8050 Zürich

TEL: +41 44 318 62 62 (Box Office)

Website:https://www.musical.ch/en/theater11zuerich(英、独)

<倭・YAMATO>

日本ツアー2019

2019年6月〜10月

Website:http://www.yamato.jp/

写真撮影日:2019年2月2日・撮影許可済

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。