ドイツ人はいったいどこでビールを買うの?

公開日 : 2020年02月15日
最終更新 :
筆者 : 吉村 美佳

ビール好きなドイツ人。でも、本当はビールを飲まない男性もたくさんいます。

女性に限っては、周りを見るとワイン派が多いかも。

さて、いったいドイツ人はビールをどこで買うのでしょうか。

スーパーでもペットボトルや缶入りのビール、またはビンビール6本セットなどが売られていますし、店によっては、瓶ビールがケース(1ケース20本入り)で売られていることも。

が、普通は酒屋に出かけます。

IMG_3434.JPG

ビールは種類ごとにピルスやヘレス、白ビール、黒ビール、特別なビール、という感じで並んでいます。上の表示を見ると目的のビールを探しやすいですね。

IMG_3433.JPG

↑これは、ヘレスの売り場です。

「特別なビール」というところにはラードラーとよばれる、ビールとレモネードを半々で割ったようなものや、逆にアルコール度の高いボックビールなど、または季節限定のビールなどがあります。

IMG_3431.JPG

↑修道院が作る最古のビールとしても有名なヴェルテンブルガーのビール。アザム・ボックもこの「特別なビール」の売り場にあります。

値段の表示は1ケースあたりのものが書かれており、それにファンド1本あたり8セント、ケースひとつにつき3.10ユーロが上乗せされたものをレジで支払います。小さく1本あたりの値段も書かれており、1本ずつ購入することも可能です。

郊外のスーパーですと、酒売場や飲料水売り場が特別に設けられていて、なかなか種類豊富な店もあります。

また、ビール以外の酒は、たいがいスーパーなどの安売りを狙った方が断然安いです。ワインやカクテルによく使うような酒類は、酒屋では取り扱っていますが、値段はイマイチ、いや結構な値段です。

一方、普通にミネラルウオーターやジュース、炭酸飲料などは、酒場でケースごとに買うことが多いです。

ジュースはスーパーで購入すると、テトラパックやペットボトルが多いので、リサイクルが進んだ瓶で買うことを好むドイツ人が多いです。そして、ジュースを瓶で買う場合、普通は地元のメーカーのものが中心なので、地元の活性化にも役立つ、といえます。例えば、レーゲンスブルクおよびこの近郊ですと、ジュースの大半は、ナーグラーのものになります(リンク先は、2019年10月10日の記事です)。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。