新型コロナウイルスのため、ライプツィヒのサッカ-スタジアムもついに無観客試合に!

公開日 : 2020年03月11日
最終更新 :

世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス。2020年3月11日現在、ドイツでの感染者数は1622名(うち3名は死亡)にのぼっています。そのうちライプツィヒでは4名、ザクセン州全体では16名が感染しているということで、幸いまだ感染者数が少ない状態です。

しかし、ライプツィヒの書籍見本市が中止になったのをはじめ、各地で大きな催しがキャンセルとなっています。

また、ブンデスリ-ガなどのサッカ-の試合も各地で観客なしで行われていますが、ライプツィヒだけはなぜか例外。

昨日ライプツィヒのスタジアムで行われたRBライプツィヒ対イギリスのトッテンハムの試合が観客を入れて行われました。

健康省の勧告を無視してサッカ-の試合に観客を入れて開催することにはびっくり。

開催決定の理由は、ライプツィヒや相手国のイギリスには感染者数が非常に少ないから問題ないということのようですが、なんとも信じられない見解です。

サッカ-の観客はドイツ中から来る可能性が大きいですよね。

そして次のホ-ムでの試合RBライプツィヒ対SCフライブルグが2020年3月14日土曜に行われるので、どうなるのか注目されていましたが、ついさきほど、ついに観客なしにすることを決定したようです。

これで、ドイツで行われるサッカ-の試合はすべて無観客での開催となりました。

ちなみに、3月1日にライプツィヒで行われた、RBライプツィヒ対バイエルン・レ-バ-ク-センとの試合では、日本から観戦に来ていた20名が新型コロナウイルス感染を恐れる関係者により、警備員に連れだされるという事件がありました。

これについては、RBライプツィヒが誤った理解だったということで、追い出された日本人観戦者に謝罪したようですが、なんともRBライプツィヒにまつわる不名誉な話が最近多いのが気になります。日本では春の選抜高校野球が中止となってしまったようですね。出場予定だった球児たちのことを想うと、なんとも切なくなってしまいます。とにかく、はやく収束して正常な毎日に戻ってもらいたいものです。皆さまもどうぞお気をつけてお過ごしください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。