スキ-大国オ-ストリア。ア-ルベルグでスキ-を楽しもう!

公開日 : 2019年02月25日
最終更新 :

ヨ-ロッパもスキ-が盛んです。とりわけオ-ストリアは国民的スポ-ツといっても過言ではありません。冗談で「赤ちゃんはスキ-をつけて生まれてくる。」と言われるぐらい、小さい頃からスキ-を楽しみ、スキ-をしない人はほとんどいないというお国柄です。

私もスキ-は日本にいた頃から大好きで、毎年オ-ストリアに滑りに行きます。

先日、お天気が良い日を狙って、ア-ルベルグのスキ-場、St.Anton(サンクト・アントン), Lech(レヒ), Zürs(ツィルス)に行ってきました。

Piste.jpg

St.Antonはワールドカップなどが開催されたスキ-場。またちょっと高級なLechは、イギリスやオランダの王族が毎年スキ-休暇を過ごすところでもあります。

いずれも、大型ホテルなどが多く、夜も賑わうスキ-リゾ-ト。

でも私は、小さくて静かなところが好みですので、Lechの隣町のZug(ツク)という村に宿をとりました。

Zug1.jpg

とっても可愛い小さな村です。

Lechへはリフトで行くか、20分に一本走っているスキ-バスで5分ちょっとで行けます。Lechからはまたバスで戻ることもできますが、スキ-で滑って帰ってくることもできます。

Zug2.jpg

またLechのゲレンデは、他のゲレンデに比べるとあまり急斜面はありませんが、それでもコブ斜面などさまざまなピステがそろっています。

Lech Bückel.jpg

このZugという村は、夏場も素敵なハイキングコ-スを楽しめますし、四季を問わず自然を満喫できる素敵なところ。

静かに自然と対話したい方にはおすすめです!

Berg mit Ski.jpg

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。