2020年3月19日以降、在日米国大使館および総領事館で非移民ビザの面接・予約のある方へ

公開日 : 2020年03月18日
最終更新 :

2020年3月18日、在ニューヨーク日本国総領事館から配信された「米国による一般査証発給の停止と日本における水際対策強化について」によると、在日米国大使館は、同大使館および総領事館で対面対応が必要な一般査証の新規発給を3月19日より停止することを発表したそうです。 

在日米国大使館は、3月19日(木)から非移民ビザの面接を一時的に停止するとともに、3月19日またはそれ以降の非移民ビザの予約をすべてキャンセルするということです。今回の措置は,新型コロナウイルスの感染拡大抑制の観点から、緊急の場合を除き、在日米国大使館および総領事館職員と一般査証申請者との対面でのやり取りを避けるためにとった一時的な措置であり、オンライン申請の可能な電子渡航認証システムであるESTAによる短期商用・観光・トランジットなどを目的とする米国への渡航は引き続き可能としています。

詳細は、在日米国大使館領事館Webサイトの「米国ビザ及び公証業務の一時停止についてのお知らせ」にも掲載されています。

なお、緊急でアメリカへ渡航する必要がある場合の緊急面接の申請は、ビザコールセンターへご連絡ください、とのことですので、下記のURLでお確かめください。

■在日米国大使館・領事館

・住所: 〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5

・電話番号: 03-3224-5000

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。