2020年も地価上昇率「全国1位」に選ばれた倶知安町

公開日 : 2020年03月22日
最終更新 :
筆者 : 都合さん

こんにちは!都合です。

3年連続! 地価上昇率全国トップの倶知安町

3月18日に国土交通省が2020年1月1日時点の公示地価を発表しました。

2020年は住宅地、商業地ともに上昇率が全国1位となりこれは3年連続にあたります。

〈2020年公示価格上昇率ランキング〉

1位 北海道 倶知安町

2位 沖縄県 読谷村

3位 沖縄県 宮古島市

4位 沖縄県 糸満市

5位 沖縄県 北谷町

6位 東京都 台東区

7位 沖縄県 那覇市

8位 沖縄県 宜野湾市

9位 長野県 白馬村

10位 沖縄県 沖縄市

日本が世界に誇るビーチリゾートである沖縄県のランクインが圧倒的に多い中、堂々の第一位です。

これはスキー場周辺のコンドミニアムや飲食店に対する中国人をメインとした投資家の影響が大きいとされています。

全国1位の地価上昇率地区でも影響が...

スキーリゾートとして注目されるようになったことで外国人観光客が急増した結果、このような地価上昇率をもたらしたニセコ地区ですが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で例年通りの景色とは異なっています。

毎年スキー場はたくさんの外国人観光客でにぎわっており、特にこの時期は一番のベストシーズンでしたが、新型コロナウイルスの感染が拡大した2月末頃からは閑散としていました。実際にスキーの利用客は例年の半分以下となっています。

また勢いのあった不動産取引においても影響が及んできているといいます。

来年も上昇率1位を獲得し活発なスキーリゾートエリアとしてあり続けられるよう、一刻も早い収束が望まれます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。