No.569今夜はスーパームーン!2020年最大の月を愛でましょう

公開日 : 2020年04月07日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

今日2020年4月7日から4月8日にかけての夜、スーパームーンと呼ばれる満月が見られます。フランス語だと、Super Lune(シュペール・リュヌ)。ついでにいうと、4月の満月はピンクムーン(リュヌ・ローズ)とも呼ばれるので、シュペール・リュヌ・ローズということになります。

569.jpg

煌々と光を放つ満月©Kanmuri Yuki

地球と月の距離は、38万4400kmが平均。月の軌道は楕円なので、地球との距離は1年をとおして均一なわけではありません。月がその軌道上で地球に接近したときと、満月が重なるとき、スーパームーンが観測できるというわけです。パリ観測所によれば、具体的には月と地球の距離が36万km未満のときを、スーパームーンと呼ぶそうです(NASAの定義では、35万8000km未満だという記述もあります)。

2020年は、2月9日、3月9日、4月8日、5月7日、10月16日、11月15日にスーパームーンが観測できる計算ですが、その中でももっとも月と地球の距離が近いのが、4月8日の満月で、大きさでいえば平均より約7%大きく、明るさでいえば、30%明るいはずです。

時間はといえば、フランス時間で、4月7日18時10分~4月8日4時35分まで。

とはいえ、今現在フランス北部の日没時間は20時30分ですので、18時台はまだ明るすぎて観測は難しいでしょう。

夕方から曇りがちという予報でもありますが、雲の切れ間に窓からスーパームーンが見えることに期待しましょう。

ちなみに、ここ数年で一番大きかったスーパームーンは、2016年11月14日のこと。このときの月と地球の距離は35万6511kmしかありませんでした。

このスーパームーン、もちろん、日本でも見られます! 満月になるのは、日本時間の8日の真昼間のようですから、 8日の早朝、あるいは夕刻の月が一番大きく見えると思われます。

地球上でさまざまな憂いが絶えないこの頃、月を愛でる時間を持ち、癒しとしたいものです。

(冠ゆき)

参考記事:

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。