ドイツの外出制限をそれなりに受け入れているドイツ人。いろいろなマスクも登場!

公開日 : 2020年04月09日
最終更新 :

2020年4月8日現在、ドイツにおける新型コロナウイルス感染者数は、11万355名。そのうち死亡者数は2115名。ここ数日、感染者数がほんの少し減少傾向にあります。3月23日からの外出制限が功を奏してきたのでしょうか。

ところでドイツの外出制限は、フランス、イタリア、スペインとは違い、ロックダウンではありません。基本的には不急不要の際には外出を自粛するよう要請されているのは日本と同じですが、新鮮な空気を吸うために散歩に出かけたりするのは認められています。

ただし、単独か2名もしくは家族で、と限定はされています。

Michaeli´s Kirche.jpg

これはあくまで、家族単位のみ許され、友達同士で遊んだりというのは不可です。

また、公園の遊具で遊ぶのも禁止。

Spielplatz1.jpg
Sandkasten.jpg

私が見る限り、ドイツ人は今の状況を受け入れ、規則に則って外出自粛をし、許される範囲で気分転換をしています。こういうとき、まじめな国民性は功を奏するので、その忍耐強さには感心します。

また、日本と違いドイツでは普段マスクをつけることはまずありえませんが、最近はマスクの効用がとりださたれたこともあり、マスクをつける人をちらほら見かけるようになりました。専門家曰く、マスクは自分を守る以上に、無症状の感染者が他人に感染することを予防する効果も大きいと、最近ではよく耳にします。

ただ問題は、日本と同じく今マスクを手に入れるのは非常に難しいということ。

そこで最近はドイツでさえ、自分でマスクを作成する人も出てきました。

近くのショーウインドーには、手作りマスクがお目見えです。

子供用のマスクもあります。

Maske.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大のため、不自由な生活が強いられるなか、それなりに今できることで最大限前向きに生活していくことが大切ですね。

ドイツ人もなかなか頑張っていますよ!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。