【ジョージア】秋のトゥシェティ②ダルトロ村へ

公開日 : 2020年10月01日
最終更新 :
筆者 : fujinee

トゥシェティ地区のオマロ村を拠点に宿を取った私は、周りのいくつかの村へのハイキングを楽しみました。

まずはダルトロという村まで。

オマロ村からダルトロ村はトレッキングルートでは片道約16km。

上り約400m、下り約600mの登山コースです。

基本は一本道なので、MAPS.MEなどの地図アプリを使用すれば、まず迷うことはありません。

001.jpg

↑道中の風景。

私が訪れた9月の中旬はもうシーズンの終わり。

道中はほとんどほかの旅行者とはすれ違いませんでした。

途中、バイクでツーリング中のカップルと遭遇。

野生のラズベリーを取って食していたので合流しました。

話を聞くとちょうどそのダルトロ村に宿泊していて、これから帰る途中だそう。

ダルトロ村は「おとぎ話に出てくるような村」だと教えてもらいました。

長い行程なので体力および気力との勝負となりますが、道中は絶景の連続なので飽きることはありません。

特にダルトロ村が近づくにつれて現れるピリキタ峡谷の山肌は圧巻です。

はるか下を流れるピリキタ・アラザニ川の渓流までは数百メートルはある断崖絶壁。

このピリキタ峡谷を下っていくと現れるのがダルトロ村です。

011.jpg

↑この道の右側は断崖絶壁。

008.jpg

↑ピリキタ峡谷の絶景、谷底までは数百メートルの断崖絶壁です。

016.jpg

↑ピリキタ・アラザニ川。

ダルトロ村はチェチェン共和国からわずか5kmの僻地、まるで現代社会を拒む要塞のように谷底にたたずんでいました。

ダルトロ村にはゲストハウスもあり、シーズンには泊まることもできます。

私の場合は1日でオマロ村まで帰る予定でしたので、ひととおり村を回って退散しました。

オマロ村出発が10:30、宿への帰宅が19:00、8時間半のハイキングとなりました。

017.jpg

↑ダルトロ村。

013.jpg

↑まるで牛たちが出迎えているかのよう。

020.jpg

↑ダルトロ村の建築、少しずつ補修しながら保存しているそうです。

026.jpg

↑ダルトロ村。

↑私が宿泊していたオマロ村のHotel Tsasne。

↑ダルトロ村。

【英語/ジョージア(カルトリ)語表記と発音】

オマロ村(Omalo/ომალო/omalo)

ダルトロ村(Dartlo/დართლო/dartlo)

ピリキタ峡谷(Pirikita Gauge/პირიქითის ხეობა/p'irikitis kheoba)

ピリキタ・アラザニ川(Pirikita Alazani River/პირიქითის ალაზანი/p'irikitis alazani)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。