コロナ禍で観光スポットのカリエ チョコレート工場を楽しみました!

公開日 : 2020年11月28日
最終更新 :

コロナ禍ですが、2020年10月31日のハロウィーンを前にカリエ チョコレート工場を訪問する機会がありました!

20201128-Cailler-text.jpg

オーディオガイドツアー 

訪問した日は、スイスの多くの学校の秋休み後の平日だったことと、コロナが影響してか、あまり混雑していませんでした。

チョコレート工場見学は、ルートが決まっています。

まず、館内をオーディオガイドに案内されながら、ツアーを巡ります。

スピーカーから流れるガイドは、英語、ドイツ語、フランス語などで日本語の選択肢はありませんが、個々にもらえる音声ガイド機は日本語に対応しているので、オーディオガイドツアー中も日本語のガイドを聴くことができます。

コロナ感染拡大防止対策で、館内では、常時マスクを着用(12歳以上)し、ツアー参加者の1グループの人数を少なくしているようでした。

また、館内で社会的距離を保つよう注意がうながされました。

オーディオガイドツアー後のエリアでは、個々の音声ガイド機を利用して、チョコレートについて楽しみながら学習できる展示エリアがあります。

ここでは、実際にカカオ豆やカカオバターの塊などを触ったり匂ったりすることができます。

(撮影日には、通常営業でしたが、新型コロナウイルス感染者が増えていることで、11月現在こちらの展示エリアは閉鎖されているとのことです)

そして、見学ツアーの最後はお楽しみのチョコレートの試食!

さまざまなチョコレートを制限なく試食することができますよ!

いつもであれば、1種類のチョコレートが大きなトレイに小分けされて置いてあり、各自で好きなチョコレートを手で取って食べるようになっていましたが、コロナ禍のいまは、紙のお皿に数種類のチョコレートがすでに配膳されていました。

工場見学の様子はこちらからご覧いただけます。

チョコレート作りのワークショップ 

チョコレート作りのワークショップは、子どもも大人も楽しめる、チョコレート好きにはたまらないプログラムとなっています。

今回は、チョコレートにフレーバーを混ぜ、デコレーションをする「The Chocolate Champions」に参加してきました。

20201128-Cailler-workshop-text.JPG

まず、ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ダークチョコレートから1種類のチョコレートを選びます。

それから、粒のままの赤胡椒、抹茶、シナモン、ショウガなどのパウダー、などの中から、チョコレートに混ぜるフレーバーを選びます。

コンビネーションでもいいですよ。

そして、ナッツやM&M'sのチョコレート、フレークなどからトッピングを選びます。好きなだけ種類を選べます。

ただ、トッピングは盛るのではなく、チョコレートの表面に直接置かないとくっつかないので、気をつけてくださいね。

チョコレートはすぐに固まり始めるので、フレーバーやトッピングの準備をしてからチョコレートをもらうようにしましょう。

最後に、ホワイトチョコレートで、文字やサインを書いてデコレーションします。

さらに、トッピングをしてもいいでしょう。

デコレーションが完成したチョコレートは、冷蔵庫に入れてくれます。

チョコレートが固まるのを待つ間に、艶のある溶かしチョコレートの作り方のデモンストレーションをしてくれますが、動画では割愛しました。

固まったチョコレートは、専用の箱に入れて持ち帰ります。

ワークショップで使用したチョコレートの型に入ったまま持ち帰るので、型は再利用できますよ。

ワークショップの様子はこちらからご覧いただけます。

カリエ チョコレート工場や楽しかったスイス旅行を思い出しながら、自宅でチョコレートのデコレーションを楽しまれたらいかがでしょうか。

カリエ チョコレート工場については、こちらのウェブサイトも参考にどうぞ。

それでは、今日はこの辺で!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。