毎年楽しみにしている「玉ねぎ市」、コロナ対策で2020年は開催中止

公開日 : 2020年11月26日
最終更新 :

11月の第4月曜日は、ベルンの盛大なイベント「玉ねぎ市」(独:Zibelemärit、英:Onion Market)の日です。

同じ仲間で前日から集まって不眠で「玉ねぎ市」を迎えるのが伝統になっているグループもあるようですが、多くの人は臨時バスやトラムを利用して朝5時頃からベルン市街に集まってきます。

しかし、今年2020年は多くの行事同様、開催が中止となりました。

ベルン市街中が人と屋台で覆われます 

「玉ねぎ市」については、こちら↓を参照してください。

「ルンの一大イベント、『玉ねぎ市』(Zibelemärit, Bern)」

「玉ねぎ市」の日は、祝日ではないですが学校はお休みです。

今年は、「玉ねぎ市」がなかったので、11月23日も通常の登校日となり、その代わりに今学期が1日早く終わるようです。

例年、旬を味わうために町にでかけ、オニオンパイを食べたりしますが、2019年は今年の開催中止を察したのか、早朝、昼、晩と、いつもより長くベルン市街を散策し「玉ねぎ市」を堪能しました。

朝5時30分頃、連邦議会議事堂前のブンデス広場の屋台には、すでに多くの人出です。

20201126-zibelemaerit-bundesplatz-text1.JPG

人の背丈ほどある、長い編飾りもありましたよ。

20201126-zibelemaerit-longzopf-text.JPG

こちらの家族は代々続く農家のようです。

20201126-zibelemaerit-familybusiness-text1.JPG

近年のタマネギ編みは、ドライフラワーなどの装飾がされていることが多いですが、こちらの出店で販売されているタマネギ編みは、とてもシンプル。

親から子へ代々受け継がれた手法なのでしょう。

そして、孫と思われる男の子にお金の管理をさせていました。

素早くおつりを計算しなければならないので、掛け算や足し算、引き算を実践するいい機会ですね。

食べ歩きも楽しもう 

タマネギの編飾りなどが販売されている屋台のほかに、グリューワイン(ホットワイン)やオニオンパイ、オニオンスープ、ガーリックトーストなどの屋台があります。

地元の人たちがどんなものを食しているのか、体験できます。

写真は、フリブール(フライブルグ)のラクレットの出店です。

20201126-zibelemaerit-raclette-text1.JPG

「玉ねぎ市」の由来は、フリブールの農家にベルンでタマネギの販売を許可したことからなので、チーズも「フリブール産」ということを強調しているのでしょうね。

「玉ねぎ市」の動画

2019年の様子を動画でお楽しみください。

来年は、ぜひとも開催してほしいですね。

それでは、今日はこの辺で!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。