ドイツのミニロックダウン、一部厳しくなって12月20日まで延長に!

公開日 : 2020年11月27日
最終更新 :

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないドイツ。2020年11月初めから飲食店や文化施設などの閉鎖が義務づけられたミニロックダウンが続いていますが、先日メルケル首相と各州の大臣たちが話し合った結果、12月20日まで少なくとも延長、そして部分的には少し厳しい措置が決定されました。

家族が集まるクリスマスの時期までになんとか収束させたいということですね。

あらゆる不要な接触を避け、可能な限り自宅に留まるようにとの要請です。

店舗への入場制限も引き続き行われるので、買い物ではめんどくさくなります。

最初のロックダウンの際にはス-パ-の外でけっこう待たされましたが、今回もそうなるならば冬場なので辛いですね......。

12月1日からさらに厳しくなる点は、以下のとおりです。

・ 私的な集まりの際に、自分の世帯ともうひと世帯の人間で、最大5人までと制限されます(14歳以下の子供は除く)

・ 公共空間および訪問者が立ち入る室内空間においては、常にマスクを着用しなければなりません。これは、町なかなどの人が多く存在する屋外の公共空間にも適用されます

・ 職場ではマスク着用義務となります(ただし、1.5mの対人間隔が取れる場所では適用されません)

・ 大学などは原則、オンライン授業を行います(実験、実習、試験、などは例外)

そして、クリスマス期間中の特別措置(12月23日から1月1日まで)は以下のように少し緩和されます。

・ 屋内および屋外での集まりの人数は家族や友人との間で最大10人までに拡大されます

また、恒例の大晦日の花火については、控えることを推奨されています。また、人でにぎわう場所や通りでは、花火の打ち上げが禁止されました。

今年は、前代未聞の静かな年明けになりそうです......。

ロックダウン中の重苦しい気持ちのなか、きれいなお花は少しでも晴れやかな気分にしてくれますね。

IMG_7431.jpg

皆様、引き続きご自愛くださいね。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。