ドイツはロックダウン中で商店は閉鎖中ですが、クリスマスツリー屋さんは開いています!

公開日 : 2020年12月22日
最終更新 :

目下のところザクセン州だけでなく全国で厳しいロックダウンに入っているドイツ。

生活に不可欠な食料品店以外の商店は閉鎖していますが、いくつかは例外的に開店が認められています。

例えば、薬局、眼鏡屋さん、ドラッグストア、補聴器店、自転車修理工場、クリーニング店などがそれにあたります。

そして、クリスマス前のいまの時期に不可欠なクリスマスツリーツリー屋さんも、開店が許可されています。

クリスマスツリーの販売は、毎年野外で短期間の間のみ行われます。

そこではいろいろな大きさのツリーが並び、大きさによって値段も決まっています。小さいツリーで€12、大きいもので€40ほどです。

auswahl.JPG

気に入ったツリーが見つかったら、運びやすいように、枝をまっすぐにしてネットに入れる機械に通してくれます。

Mashine1.JPG

こんな風に出てきます。

Mashine2.JPG

購入したツリーは、通常24日に室内に立て、飾りつけます。そして、1月6日東方の三賢者の日まで飾っておくのが伝統になっています。

4.Advent.JPG

クリスマスはもうすぐです。

皆様、引き続きご自愛くださいませ。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。