ドイツのロックダウンが1月31日まで延長に!そしてさらに厳しくなった制限措置!

公開日 : 2021年01月06日
最終更新 :

ロックダウン中のドイツですが、新型コロナウイルスの感染状況がまだまだ好転しません。

そんななか2021年1月5日にメルケル首相と各州首相との話し合いがもたれ、当初1月10日までの予定だったロックダウンを1月31日まで延長することで同意しました。

引き続き学校は閉校、飲食店なども閉店となります。

さらに、人との接触制限規定がさらに厳しくなりました。

これまでは、二家庭で最大5人までで集まることが許されていましたが、今回の決定で、一家族プラスもう1人だけに制限されます。

また、直近7日間の新規感染者数の合計が10万人あたり200人を超える地域では、移動範囲が15kmを越えてはいけないということになりました。

これは、ザクセン州など州によってはすでに実施されていましたが、今回の決定でドイツ全土で有効となります。

ザクセン州はいまだに新規感染者数はワーストワンで、上記移動制限が課される地域はほぼ全域になります。唯一ライプツィヒだけは、直近7日間の累積数が200人以下となっており、この移動制限は免れています。

ザクセン州では1月15日からワクチン接種センターがオープンになる予定ですので、なんとか今回のロックダウン延長とともに、これらの対策が功を奏してもらいたいものです。

IMG_7786.JPG

皆様、引き続きご自愛くださいませ。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。