寒波到来のドイツ中部・北部!連日雪の氷点下です。

公開日 : 2021年02月08日
最終更新 :

天気予報通り、今朝外を見ると雪で真っ白。かなり積もっています。

強い寒波が到来したようで、日中の最高気温はマイナス6度! 最低気温はマイナス2桁になるようです。

まるでスキー場に来ているような感じです。

ただ、この寒波はドイツ全土ではなく、ドイツの中部から北部のみ。南部は春のような気温のようで、しかも雨のようです。

Bank.JPG

雪質がもっと湿っていると、また雪の芸術が公園などで見られるのですが、今回は気温が低いこともあって、サラサラの粉雪のため、残念ながら雪だるまなどはまったく見られませんでした。

Schrittenfahren.JPG

クロスカントリーのスキーで散歩している人など、思い思いに雪を楽しんでいる様子です。

Spazierengehen.JPG

この寒波は、しばらく続くようです。今週水曜日には、再びメルケル首相と各州首相とで話し合いがもたれる予定。

新型コロナウイルス新規感染者数や集中治療室での入院者数などが減少しつつあるものの、変異種の感染拡大が懸念されるなか、2021年2月14日までのロックダウンがどうなるか、注目されます。

皆様、引き続きご自愛くださいませ。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。