日本入国後、指定宿泊施設での食事の写真と隔離中にあったらいい物

公開日 : 2021年03月27日
最終更新 :

2021年3月5日からスイスからの渡航者は、日本に入国後、指定の宿泊施設で3泊過ごす必要があります。

今月、関西国際空港に到着してからの体験をシリーズでお伝えしている最終回です。

---------------------------------------------------------

1) 渡航準備から関西国際空港での手続き

2) 関西国際空港の強制隔離施設へ

3) 強制隔離施設のホテル日航のお部屋と3日目の再度のPCR検査

今回の記事→ 4) 指定隔離施設で提供される食事と持参したらいいモノ

--------------------------------------------------------

今回は、強制隔離中の食事と持参しておくといい物を紹介しますね。 

関空到着時の指定宿泊施設で提供された食事

① 強制隔離0日目 夕食

 kakuri0-dinner.jpg

② 強制隔離1日目 朝食 

 kakuri1-breakfast.jpg

③ 強制隔離1日目 昼食 

 kakuri1-lunch.jpg

④ 強制隔離1日目 夕食

 kakuri1-dinner.jpg

⑤ 強制隔離2日目 朝食

 kakuri2-breakfast.jpg

⑥ 強制隔離2日目 昼食

 kakuri2-lunch.jpg

⑦ 強制隔離2日目 夕食 

 kakuri2-dinner.jpg

⑧ 強制隔離3日目 朝食 

 kakuri3-breakfast.jpg

⑨ 強制隔離3日目 昼食

 kakuri3-lunch.jpg

動画:待機宿泊施設でのるお食事集

関空到着時の指定宿泊施設に持参したらいい物

こだわりがなければ、十分な量の食事がもらえます。

しかし、温かい物がないので、お味噌汁などインスタントスープがあればより食事を楽しめたかな、と思います。

支給される食事が好みに合わなそうであれば、カップ麺などお湯があれば作れるものがあるといいでしょう。

飲み物も、基本水とお茶しか用意がないので、好みの飲み物を預け入れ荷物のに入れておくといいかもしれません。

アルコール類も外国から持参することが法的には可能ですが、強制隔離中は、「禁酒」と明記されています。

それから、娯楽系ですが、この機会に本で読書をするなら別ですが、インターネットを使って動画を見たり作業をしようと思ったら覚悟が必要です。

多くの隔離者がいて、ほぼ全員WiFiを使っているからでしょう。

ネット回線が不安定で、つながってもとても遅かったです。

また、テレビは日本の放送番組のみだったと思います。

隔離期間に動画を観たいなら、ダウンロードをしてから渡航するといいでしょう。

仕事などで必ずWiFiが必要なのであれば、出国前にWiFiレンタルをするのもいいかもしれません。

前回お伝えしたように、ホテルにチェックイン後、係の方にコンビニでの買い物を頼むことはできますが、日本入国時に、自身で買い物に行ったり、WiFiレンタル手続きをしたり、ということはできませんので、渡航前の準備が重要です。

あったらいいかもしれない物をリスト化すると以下です。

・お湯で用意できる食べ物

・お好みの飲み物

・ダウンロードした動画

・WiFi レンタル

さて、4回シリーズでお伝えした強制隔離記録、いかがでしたでしょうか。

ほかに「これはどうだった?」という質問があれば、ご連絡くださいね。 

---------------------------------------------------------

1) 渡航準備から関西国際空港での手続き

2) 関西国際空港の強制隔離施設へ

3) 強制隔離施設のホテル日航のお部屋と3日目の再度のPCR検査

今回の記事→ 4) 指定隔離施設で提供される食事と持参したらいい物

--------------------------------------------------------

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。