今年2021年もライプツィヒ・バッハフェストは通常開催が中止になりました......

公開日 : 2021年05月11日
最終更新 :

コロナ感染状況は徐々に改善されつつあるドイツ。ザクセン州全体ではまだまだですが、少なくともライプツィヒは人口10万人あたりの1週間の新規感染者数の合計が基準の100以下になりました。

この値が5日間続いたら、その翌々日から制限措置が緩和されます。

今日がその5日目になりますので、このまま順調にいくと13日から緩和になる予定です。

しかし緩和されるとはいえ、飲食店はまだまだ全面開店は許可されませんし、ホテルでの観光目的の宿泊も不可ですので、まだまだ厳しい状況が続きます。

そんな中、毎年6月に開催されるバッハフェスティバルが今年2021年も通常開催はされないことになりました。

2年連続とは本当に残念ですが、この状況では仕方がありませんね。

ただ、通常のフェスティバルの代わりに、今年は開催期間中6月11日から21日まで、毎日Streamによる配信が行われるようです。

また、5月末までにコロナ感染状況がさらに改善し、観客を少しでも入れらるような状況になれば演奏会も開催され、チケットの前売り販売が行われるようです。

オンラインStreamでは、世界的なバッハ演奏の第一人者による12の演奏が配信される予定です。その中には、鈴木雅明さん率いるバッハ・コレギウム・ジャパンも2回配信されます。

チケットは1回€14で5月末から販売開始です。

詳細は5月20日よりこちらのサイトをご覧ください。

配信時間によっては日本の夜中の日もありますが、バッハファンの方で興味のあるかたは、ぜひご覧くださいませ。ドイツは天候が不順でしたが、ようやく春が到来しました。

096516DB-EE05-473A-BB45-8269D9501510.JPG

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。