埼玉初!焦がしバター食パン専門店「BROWN BUTTER」

公開日 : 2021年11月01日
最終更新 :
1.JPG

今回紹介するのは、埼玉県初となる、焦がしバター食パン専門店「BROWN BUTTER(ブラウンバター)」。

"焦がしバター"っていうワード、すごく気になりませんか? 個性的なネーミングの高級食パン店はすごい勢いで増えてきていますし、実際すごくおいしいのですが、"焦がしバター食パン専門店"を初めて知ったときのワクワク感は半端なかったです。「いつか行こう」ではなく、「早く行かなくちゃ」です。

ということで、さっそく行ってきましたのでレポートしますね。

予約購入がおすすめ!

2.JPG

ブラウンバターで購入するためには、前日まで予約、当日予約、直接来店の3パターンがありますが、やはり確実なのは「前日まで予約」。ただ、実際には前日までの予約分以上のパンが用意されているので、当日でも購入できます。その場合でも、午前中早めの電話予約、もしくは来店をおすすめします。

私は当日の朝に電話予約をして購入しました。お店のオープン時間は朝10時ですが、電話予約は朝9時から可能です。9時ちょうどにコールしましたが、すでに"通話中"。やはり人気なんですね......。

電話では、パンの種類(プレーンorレーズン)と本数、名前、電話番号、来店時間を聞かれました。来店時間は「10時~11時」といったように、1時間単位でその時間内に取りに行くシステムになっています。

店舗の外には写真のような看板が立っていて、「本日分あります」と書かれていれば、受取の為に並んでいる列の最後尾にならんで購入できますよ。とはいえ、買いたいなと思ったら、まずは電話してみることをおすすめします。

バターの香りがすごい!!

3.JPG

私が購入したのは、プレーンを2本。購入時はまだ焼きたてだったため、ビニール袋の口は開けたまま紙袋に入れられた状態で、車の助手席に。運転中、ビックリするくらいバターの香りが漂ってきて、思わずフライングして食べそうになりましたが、家で楽しみに待っている家族のためにグッと我慢。家に到着するまで辛いドライブとなりました。

食パンの入るビニール袋に書かれた「#125」というのは、"バターを125%まで煮詰めた"ということだそうです。

4.JPG

ていねいに煮詰めた焦がしバターと、ミルクをたっぷり使って焼き上げた食パンに"仕上げバター"を塗ることで、さらに風味と香りがアップ。さらに、フランス産岩塩"ゲランドソルト"をパラパラと加えた食パンは、ミルクの甘さとバターのコク、岩塩の塩味が最高のハーモニー!

5.JPG

紙袋に入れられたパンフレットに書かれている「おいしい食べ方」には、「1カットの厚さは2.7cmで」とあるのですが、1本目は写真のように手でちぎって、ふわふわ感を"目"でも"指"でも楽しみながらいただきました。2本目は、翌日の朝に約2.7cmでカットしてトースターで焼いて食べましたが、トーストしたことでバターの香りがさらに強くなり、最高に幸せな朝食になりました。

紙袋もお洒落なので、手土産などにもおすすめですよ。

ぜひ行ってみてくださいね。多分、絶対ハマります。

焦がしバター食パン専門店「BROWN BUTTER」の基本情報

・住所: 埼玉県鶴ヶ島市藤金900-4

・電話: 049-299-5884

・営業時間: 10時~ なくなり次第終了

2021年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどで確認してください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。