ドイツのクリスマス前の1ヵ月は最も太りやすい時期!

公開日 : 2021年12月13日
最終更新 :

ドイツではクリスマスまでの1ヵ月を待降節(アドヴェント)と言って、一年で最もロマンティックな時期となります。どの町もこの時期を前にクリスマスマーケットが開かれ、どんよりと暗い天気の続く11月ですが、町のネオンも灯されて瞬く間にきらびやかな季節に一変します。

このアドヴェントの間には、クリスマスまでに4回の日曜日があり、それぞれ、第一アドヴェントの日曜日、第二アドヴェントの日曜日というふうに呼ばれます。

IMG_0047.JPG

例えば今日は第三アドヴェントの日曜日ですので、3本目のロウソクに火が灯ります。

もちろん一日中ではなく、食事や午後のお茶の際に灯すことが多いです。

また、このアドヴェントの時期には各家庭でさまざまなお菓子を焼きます。

小さな子供がいる家庭では、クッキーを子供と一緒に作ったりします。

日本ではクリスマスケーキと称してクリスマスの日に食べることが多いですが、ドイツではクリスマスまでの1ヵ月の間に、クリスマス菓子を食べます。

そのため、この時期ドイツの家庭では、クリスマス菓子を大量に焼くのに大忙しなのです。

例えば、シュトレン。

IMG_9943.jpg
IMG_0039.JPG

また、アーモンドプードルや香辛料がいろいろ入った小さなケーキ、レープクーヘンも伝統的なクリスマス菓子です。

IMG_0041.jpg

ちなみに、レープクーヘンで有名な町は、バイエルン州にあるニュールンベルグです。こちらも、ニュールンベルグのいいおみやげになります。

アドヴェントは、おそらく一年で最もたくさん甘いものを食べる時期ですね。

今年もコロナのためにライプツィヒではクリスマスマーケットは開催されませんので、自宅でクリスマス菓子を食べてアドヴェントを過ごす人がさらに多いのではないでしょうか。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。